県内ニュース

この悔しさ、きっと力に プロスノーボーダー・土井さん、川西町長にシーズン報告

2018年04月17日 11:28
けがに苦しんだ今季を振り返り、来季に向けた意気込みを語る土井匠さん=川西町役場
けがに苦しんだ今季を振り返り、来季に向けた意気込みを語る土井匠さん=川西町役場
 プロスノーボーダーとして活動する米沢中央高2年の土井匠さん(16)=川西町下奥田=が16日、川西町役場を訪れ、原田俊二町長に2017―18シーズンの結果などを報告した。今季はけがで苦しんだが「悔しさをばねに、もっと良い成績を取れるようにしたい」と来季に向けた意気込みを語った。

 土井さんは中学1年からスノーボードのハーフパイプ競技に本格的に取り組み、昨年3月には全日本選手権を制してプロ昇格を果たした。現在は新潟県スキー連盟スノーボード部(オールアルビレックス)に所属する。

 プロとしての飛躍が期待された今季は、満足できるシーズンにはならなかった。昨年12月5日から米国で約40日間の武者修行を予定していたが、渡米後に左鎖骨を折り、わずか1週間での帰国を余儀なくされた。それでも昨年内に練習を再開。思うように腕が上がらないなど万全ではない状態だったが、今年3月にあった新潟国体スノーボード競技(イベント事業として実施)の少年男子ハーフパイプで3位に入り、長野や新潟での大会では優勝を飾った。

 原田町長から激励を受けた土井さんは、けがで練習ができない時期に競技の動画ばかり見ていたエピソードなどを披露。一緒に訪れた伯母で、元スノーボード競技者の美津子さんは、土井さんの負けず嫌いな性格などを紹介した。

 目標は「日本のトップライダーになること」。現在は国内最高峰の施設とコーチがそろう岐阜県郡上市を練習拠点とし、シーズンオフも県外の室内施設などでトレーニングを重ねる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から