県内ニュース

花吹雪の下、人間将棋 「子ども版」も初開催・天童

2018年04月21日 23:00
桜が咲く中、熱い対局が繰り広げられた人間将棋=天童市・舞鶴山山頂
桜が咲く中、熱い対局が繰り広げられた人間将棋=天童市・舞鶴山山頂
 甲冑(かっちゅう)姿の武者を駒に見立てた「人間将棋」が21日、天童市の舞鶴山山頂で開幕した。駒役を小学生が務める「子ども版」も初開催され、快晴で花吹雪の下、大勢のファンは将棋のまちの風物詩をダブルで楽しんだ。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 メイン対局では、夏のような日差しが照りつける14メートル×17メートルの盤上に、武者役の天童高、創学館高の生徒が陣取った。香川愛生女流三段とポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級が指図して駒をぶつけ合う。全ての駒を動かす暗黙ルールの下「暑すぎるので穴熊はやめておこう」「I take silver(銀取り)」など日本語と英語が入り交じった応酬に会場は沸いた。

 22日は「ひふみん」の愛称で知られる加藤一二三・九段(78)、将棋親善大使でタレントつるの剛士さん(42)のトークショーを開催する。

暑さに負けず、子どもも登場
 天童市の舞鶴山山頂で21日に開幕した人間将棋では、今回初めて「子ども版」も行われ、県内外から応募した40人が陣羽織を着て駒役を務めた。

 真夏のような暑さのため、冷たいお茶で水分補給しながらの対局。大人版とは違って全ての駒を動かす演出はなく、出番がなくてじりじりする子も。広島県福山市・福山暁の星小5年の小林瑠生君(10)は「ずっと座っているのは退屈なので、動かしてもらった方がいい」と話した。

 逆に「人の指示で動かされるのはちょっと複雑な気持ち」とは、3年続けての人間将棋観戦という埼玉県越谷市・蒲生第二小5年の島崎葉平君(10)。地元の将棋教室に通う天童南部小4年の横倉百花さん(9)は「緊張するけど楽しい」とはにかんだ。

 指し手は、県小学生名人の清野達嗣君(11)=寒河江南部小6年=がステチェンスカ女流1級に挑んだ。清野君は劣勢をはね返し、一気に寄せきった。女流プロに対し2年連続の勝利に「勢いのある将棋を指せて良かった」と語った。

関連写真

  • 子ども版の人間将棋も初めて開催され、小学生が駒武者になった=天童市・舞鶴山山頂
  • 初めて「子ども人間将棋」が開催され県小学生名人の清野達嗣(たつつぐ)君(左)とカロリーナ女流1級が対局した=天童市・舞鶴山山頂
  • 夏日の暑さの中で2人の女流棋士が熱い対局を繰り広げた人間将棋=天童市・舞鶴山山頂
  • 桜が残る中、大勢の観客の前で繰り広げられた人間将棋=天童市・舞鶴山山頂

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から