県内ニュース

光丘文庫所蔵の資料58点を電子化 酒田・年表とリンク、12月ネット公開

2018年04月25日 14:48
絵図や古地図など58点を高精細画像で記録するための撮影が行われている=酒田市役所中町庁舎
絵図や古地図など58点を高精細画像で記録するための撮影が行われている=酒田市役所中町庁舎
 酒田市は本年度、市立光丘(こうきゅう)文庫の所蔵資料を電子記録化する作業を進めている。市史年表とリンクした歴史資料のデータベースとし、今年12月にインターネットで公開する予定。

 同市役所中町庁舎の同文庫内で撮影が行われ、市指定文化財で現存する最古の酒田市街図「明暦の酒田町絵図」や、1894(明治27)年に発生した庄内地震の様子を描いた「酒田大震災実況図」など江戸―昭和期にかけての58点を、カメラ2台で取り込んでいる。高精細な画像で記録することで細かな絵や文字も鮮明に読み取ることができるという。一部の絵図は崩し字と活字を重ねて表示し、内容を理解しやすくする。作業は26日まで続く。

 市立図書館では、市が所有する絵はがきや古写真など約300枚を7月までにスキャナーなどで電子化。インターネット上で市史年表の近世以降の事項をクリックすると、資料の画像が表示されるようにする。

 光丘文庫は職員から資料を受け取る閉架式のため、一般市民は利用しづらいのが現状という。市立図書館の担当者は「自宅パソコンからも資料を見ることができるようになり、多くの人に酒田の歴史に触れてもらいたい」と話していた。

 事業費560万円はふるさと納税の仕組みを使って調達し、募集は来月中旬から始める予定。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から