県内ニュース

鶴岡・湯殿山参籠所で安全祈願祭

2018年04月26日 21:29
白装束姿でご神体に手を合わせる参加者=鶴岡市・湯殿山本宮
白装束姿でご神体に手を合わせる参加者=鶴岡市・湯殿山本宮
 鶴岡市の湯殿山参籠所(さんろうじょ)の運営が出羽三山神社(宮野直生宮司)から庄交コーポレーション(国井英夫社長)に委託され、28日にオープンするのを前に、関係者による安全祈願祭が26日、同所と湯殿山本宮で行われた。誘客のセールスポイントとなる修行体験にちなみ、火祭り祈願などが繰り広げられた。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 約30人が参加し、このうちツアー作成などの担当社員や、招待された外国出身者ら13人は白装束に身を包んだ。参籠所から約1.4キロ離れた本宮でご神体に参拝し、足湯も体験。火祭り祈願は参籠所内で行われ、同神社権禰宜(ごんねぎ)の叶野幸男さん(58)が神職2人と護摩をたく中、参加者が事業の成功や参拝客の安全と幸福を願った。

 参加したスコットランド出身の元外国語指導助手アビー・キャメロンさん(27)は「山形の自然、スピリットを感じた。ここでしかできない体験ができた」と笑顔を見せた。国井社長は「インバウンド(外国からの旅行)拡大に結び付けたい」、同神社権宮司(ごんぐうじ)の阿部良一さん(61)は「幅広い人たちに喜ばれる受け入れ態勢を期待する」と語った。

 参籠所は標高1100メートルの大鳥居脇に立ち、宿泊人数は100人。1泊2食付きで8790円から。昼食のみの利用や日帰り入浴もできる。28日以降、本宮までのバスが近くのレストハウスから運行される。本年度は11月初めまで営業予定。問い合わせは参籠所0235(54)6131。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から