県内ニュース

茂吉記念館が新装オープン 上山・エレベーター新設、バリアフリー化

2018年04月27日 20:53
斎藤茂吉記念館がリニューアルオープン、約40点の新たな資料などを展示している=上山市北町
斎藤茂吉記念館がリニューアルオープン、約40点の新たな資料などを展示している=上山市北町
 開館50周年に合わせ改修工事を進めてきた上山市の斎藤茂吉記念館(相馬健一代表理事)が27日、リニューアルオープンした。約40点の新たな資料を並べるなど展示内容を一新。エレベーターを新設し、段差も解消するなど館内のバリアフリー化を図った。

 常設展示室では新たに自筆の書画や原稿、生活の様子を伝える遺品など約100点の資料について▽茂吉の生涯▽作歌姿勢▽医学者茂吉▽書画▽ふるさと山形・上山▽業績▽交友▽著書-のテーマで紹介。蔵王連峰の熊野岳山頂にある歌碑「陸奥(みちのく)をふたわけざまに聳(そび)えたまふ蔵王の山の雲の中にたつ」の歌や、歌論集「柿本人麿」の自筆原稿、弟子の結城哀草果の自宅から蔵王の景色をスケッチした「樹●山房書画帖」などは初めて展示した。

 幼少期の思い出を懐古した「足乳根(たらちね)の母に連れられ川越えし田越えしこともありにけむもの」、疎開先の大石田で詠んだ「最上川の上空にして残れるはいまだうつくしき虹の断片」の二つの歌は、その世界を当時の写真を基にジオラマで再現し、1933年の妻輝子との京都や比叡山への旅行の動画も初公開している。

 タッチパネルで茂吉の生涯や足跡を写真で振り返ることができるコーナーを設けるなど参加型の展示にもこだわった。リニューアルに合わせ、茂吉が友人の陸軍軍医中将の出井(いでい)淳三に宛てた未公開の書簡などを紹介する特別展「斎藤茂吉の隠れた名品展」は8月19日まで開催している。

 オープンセレモニーでは関係者がテープカットし、第一号の入館者・同市金瓶の佐藤とし子さん(88)に花束が贈られた。引き続き市内の古窯でしゅん工祝賀会が開かれ、相馬代表理事が「節目の年に皆さまにお披露目できることはこの上ない喜び」と謝辞を述べ、茂吉の孫の斎藤茂一さん(東京都)があいさつした。

●は蔭のラ以下が髪のサンヅクリと友を取る

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から