県内ニュース

【モンテ】きょう、ホーム大宮戦 分厚い攻撃、対応が鍵

2018年05月13日 09:32
 サッカーJ2は第14節最終日の13日、各地で4試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で大宮と対戦する。今季初のJ1降格チームとの一戦。長身選手を中心にした分厚い攻撃にそつなく対応したい。

 山形は12日、同市の県総合運動公園第3運動広場で軽めに調整した。前節は後半終盤まで拮抗(きっこう)した展開の中、DF栗山直樹のセットプレーなどで得点を挙げ、連敗を3で止めた。コンディション調整を重視した3連戦を終え、今節は現在の布陣のベストメンバーで臨むと思われる。

 大宮は昨季J1最下位に終わり、降格した。現在の戦績は5勝2分け6敗で、前節を終えた順位は11位。名古屋に所属していた身長199センチのFWロビン・シモビッチが加入した。長身ストライカーは競り合いに強く、FW大前元紀と2トップでチーム17得点のうち11得点を奪っている。シモビッチとの対戦が想定されるDF熊本雄太は「簡単に競らせず、セカンドボールへの意識も高めたい」と語る。

 「しっかり守り、その中でチャンスを見つけたい」と木山隆之(たかし)監督。3バックを軸にDFラインを高く保ち、素早い形でカウンター攻撃に転じたい。

前節に貴重な追加点を奪ったMF汰木康也=天童市・県総合運動公園第3運動広場
前節に貴重な追加点を奪ったMF汰木康也=天童市・県総合運動公園第3運動広場
MF汰木、2戦連続弾誓う
 MF汰木康也が大宮戦に人一倍の闘志を燃やす。前節の讃岐戦で6試合ぶりにスタメン復帰。試合を決定付ける追加点を挙げた。「相手が嫌がる場所をアグレッシブに突いていきたい」と気持ちを高める。

 今シーズン開幕戦は4―3―3の左ウイングで先発出場。定位置と思われたが、その後はシステム変更やMF小林成豪らとの同世代のポジション争いで出場機会は限られた。そうした状況下で讃岐戦は大きな仕事を果たした。1―0の後半43分、持ち味のドリブルで中に切れ込み、今季初ゴールを奪った。個人技が光った中でも、試合後は「得点以外は物足りない」と満足した様子を見せなかった。

 大宮戦は再度力を示すアピールの場になる。自身の得点シーンを振り返りながら、「自分たちでもっと崩したい。ワンチャンスで1点を取る」。チーム屈指のドリブラーが2戦連続弾を誓った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から