県内ニュース

山寺五段、10度目のV 天童・県将棋選手権大会

2018年05月14日 09:25
優勝した山寺清志五段(中央)と準優勝の松田樹雄三段(左)、3位の土屋辰徳四段
優勝した山寺清志五段(中央)と準優勝の松田樹雄三段(左)、3位の土屋辰徳四段
 第72回県将棋選手権大会(主催・山形新聞、山形放送、後援・日本将棋連盟県支部連合会)は最終日の13日、天童市の滝の湯で準決勝と決勝、3位決定戦を行い、山寺清志五段(酒田市)が2年ぶり10度目の優勝を果たした。

 決勝は、初優勝を狙う先手・松田樹雄三段(天童市)と、昨年の県将棋最強戦を制した後手・山寺五段の対局。山寺五段は振り飛車で端から強襲し、徐々に駒得していった。松田三段は粘り強く受けたが、山寺五段の遠見の角が決め手となった。山寺五段は「調子が尻上がりに良くなっていった」と笑顔を見せ、松田三段は「めったにない初優勝のチャンスだったので悔しい」と語った。

 3位決定戦は先手・土屋辰徳四段(山形市)と後手・石田鉄平三段格(鶴岡市)が、相穴熊の熱戦を繰り広げた。土屋四段の受けからの攻めが的確で勝ち切った。

 上位3選手は、東北大会につながる県将棋最強戦(6月3日、山形市・山形メディアタワー)の出場権を獲得。閉会式では審判長の大泉義美日将連県支部連合会長が優勝カップなどを手渡した。

 ◇決勝トーナメント(左が先手、○が勝者) 

 ▽準決勝
○松田樹雄三段 85手 土屋辰徳四段 
 石田鉄平三段格 110手 山寺清志五段○

 ▽3位決定戦
○土屋四段 123手 石田三段格 

 ▽決勝
 松田三段 96手 山寺五段○

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から