県内ニュース

和気あいあい南陽ロケ ミステリー映画「鈍色のキヲク」

2018年05月14日 14:10
南陽市内のスナックで行われた映画「鈍色のキヲク」の撮影。木田俊之さん夫妻(左側)が客として特別出演した
南陽市内のスナックで行われた映画「鈍色のキヲク」の撮影。木田俊之さん夫妻(左側)が客として特別出演した
 南陽市を舞台にしたミステリー映画「鈍(にび)色のキヲク」の市内での撮影が13日、赤湯温泉街で始まった。2016年に同市で撮影した映画「いのちあるかぎり 木田俊之物語」(渡辺豊監督)の製作スタッフが手掛け、15日まで市内各地でロケを行う。

 木田俊之物語は、筋ジストロフィーと闘いながら歌手活動を続ける木田さんの半生を描いた。人々の温かさに感銘を受けた製作スタッフが「地域に恩返ししたい」と、再び同市を撮影地に選んだ。

 「鈍色のキヲク」は、亡き父が残した写真を通じて娘が真実をひもといていく物語。今年2月に脚本づくりを始動し、先月23日に東京でクランクインした。主演の娘役は元SKE48の大矢真那さん(27)、父親役は俳優の布施博さん(59)が演じる。

 この日は温泉街の一角にあるスナックでロケが行われ、娘が母親の実家がある南陽市を訪ねるシーンを撮影した。木田さん夫妻もスナックの客として特別出演。即興の演技も交え、和気あいあいと撮影が進んだ。

 14、15日は大矢さんも加わり、赤湯駅や市立図書館、温泉街の旅館などでもロケを行う。16日に東京でクランクアップし、今秋にはシェルターなんようホール(市文化会館)で先行上映会を開く予定。渡辺監督は「完成したら市民の皆さんに一番に見てほしい」と話している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から