県内ニュース

大雨、小国で土砂崩れ 県内・JR各線、運休や遅れ

2018年05月19日 10:27
町道脇の斜面が崩れ、通行止めとなった現場=小国町小国小坂町(小国署提供)
町道脇の斜面が崩れ、通行止めとなった現場=小国町小国小坂町(小国署提供)
 発達した低気圧や前線の影響で、県内各地は18日、大雨に見舞われ、小国町では土砂崩れが発生し、大蔵村や鶴岡市では避難所が開設された。JR5路線は運休や遅れが相次ぎ、約3560人に影響した。山形地方気象台によると、19日も県内は雨が激しく降る所がある見込みで、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水の他、落雷や突風への注意が必要となる。

 山形地方気象台によると、県内は低気圧や前線の影響で置賜、庄内、最上を中心に大雨となった。降り始めの17日午後6時から18日午後4時までの総降水量は小国91.5ミリ、飯豊町高峰74.5ミリ、長井70ミリ、金山67.5ミリ、庄内町狩川66ミリ、真室川町差首鍋61ミリ、鶴岡52.5ミリ、新庄46.5ミリ、酒田44ミリ。

 18日の最大1時間降水量は小国43ミリ、高峰28ミリ、長井25ミリ、酒田市飛島と狩川24ミリ、鶴岡21ミリ、高畠20.5ミリ、鶴岡市櫛引20ミリでいずれも5月の観測史上最大。最大24時間降水量は小国167ミリ、高峰101ミリ、狩川92.5ミリでいずれも5月の観測史上最大となった。

 19日は前線が東日本から西日本を南下する見通しで、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北日本から西日本の日本海側を中心に、大気の状態が非常に不安定となる。県内で同日午後6時までの24時間降水量は多い所で100ミリと予想される。

【道路】
 小国町では18日朝、道路の冠水や土砂崩れが相次いだ。午前5時半ごろ、白子沢の県道の2カ所が冠水しているのを、巡回中の県置賜総合支庁の職員が見つけた。範囲は長さ約40メートルと約5メートル。道幅はいずれも約5メートルで、路面には土砂もあふれた。全面通行止めにして撤去作業を行い、午後4時ごろに規制を解除した。小国小坂町や樽口では、町道脇の斜面から土砂が流出しているのが見つかった。

【鉄道】
 大雨で雨量が規制値を超えたため、羽越本線は吹浦―秋田間で終日運転を見合わせ、特急いなほ3本を含む計13本が運休、区間運休した。陸羽西線は昼すぎから終日運転を見合わせ、14本が運休、6本が最大1時間50分遅れ、陸羽東線も鳴子温泉―最上間で速度規制が敷かれ、上下6本が最大46分が遅れた。米坂線は今泉―坂町間で10本が区間運休。奥羽本線でも12本が運休し、6本が遅れた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から