県内ニュース

「山響棚田米」奏者8人が田植え 山辺

2018年05月21日 21:14
棚田の再生に一役買おうと、田植えをする山形交響楽団の奏者たち=山辺町大蕨
棚田の再生に一役買おうと、田植えをする山形交響楽団の奏者たち=山辺町大蕨
 山形交響楽団の有志が21日、山辺町大蕨の棚田で田植えを行った。グループ農夫の会(稲村和之代表)と協力した初の試みで、農林水産省の「日本の棚田百選」の景観を守るのが狙い。秋に「山響棚田米」と銘打って販売し広くPRする。

 山響と農夫の会は2016年から棚田で公演するなど、共に地域活性化に取り組んできた。今年から田んぼ10アールに、粘り気が強い「里のゆき」を育てる。田植えには奏者8人が参加し、泥の感触を味わった。

 コメ作りを提案したトランペット奏者の井上直樹さん(48)は26年前に見た棚田に感動したという。「当時は全部田んぼだった。耕作放棄が進む現状を聞き、何か力になりたいと思った」と意気込む。「山響らしい地域貢献活動だと思う。県外からのプレーヤーが多いが、若い世代に引き継いでいければいい」と笑顔を見せた。

 山響棚田米のパッケージやのぼりはフォルテ(強弱記号)をモチーフにし、東北芸術工科大の中山ダイスケ学長がデザインした。コンサート会場などで販売する予定。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から