県内ニュース

ダムの迫力を満喫 最上川200キロを歩く第3週

2018年05月26日 22:14
長井ダムを見学=長井市
長井ダムを見学=長井市
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第3週の26日、飯豊町の飯豊一小(菅原透校長)の4年生20人が参加した。長井市の白川合流点から白鷹町の睦橋までの区間で、長井ダムの治水・利水機能を学ぶとともに、川辺の自然に親しみ、水環境の大切さを考えた。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 同校で出発式を行い、国土交通省長井ダム管理支所の岡村稔支所長が洪水対策や川の環境保全といったダムの機能を解説した上で「元気よく歩いてほしい」と児童を激励した。菅原校長は「たくさんの良い思い出ができるよう期待している」と呼び掛けた。

 江口賢斗君(9)と手塚絢音さん(9)がバトン代わりのビッグフラッグを広げて紹介した。山口寧月さん(9)は「新聞で記事を何回か見て、理科が好きなので興味があった。いろんなものを見たり、しっかり歩いたりして次の学校にリレーしたい」と決意を語った。

 「ヤッホー」。県内一の高さ125.5メートルを誇る長井ダムを訪れた子どもたちは周囲の山々に力いっぱい声を響かせた。エレベーターで堤体の底部に降りて、放水口から大量の水が流れ出す様子を見学。滝のように真っ白なしぶきを上げる光景に、思わず歓声を上げた。

 初夏の青空の下、長井市のさくら大橋付近から約3キロを歩いた。川沿いのフットパスを散策し足元の草花に目を向けたり、ごみを拾ったり。元気いっぱいにゴールに向かった。

関連写真

  • 長井ダムの堤体を歩く=長井市
  • 水を勢いよく放出する長井ダムを見学=長井市
  • 長井ダムをバックに記念撮影=長井市
  • 長井ダムをバックに記念撮影=長井市
  • 長井ダム堤体内部の通路「監査廊」を探検=長井市
  • 長井ダム堤体内部の通路「監査廊」を探検=長井市
  • 長井ダムで元気に「ヤッホー」=長井市
  • 長井ダムで元気に「ヤッホー」=長井市
  • 長井ダムで元気に「ヤッホー」=長井市
  • ビッグフラッグに名前を記入=長井市・野川まなび館
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 樋門を開閉する手動ハンドルを回す=長井市
  • 最上川沿いのフットパスを歩く=長井市
  • 最上川沿いのフットパスを歩く=長井市
  • 洪水時の水位について理解を深める=長井市
  • 飛び石を軽快に渡る=長井市
  • 飛び石を軽快に渡る=長井市
  • 飛び石を軽快に渡る=長井市
  • 飛び石を軽快に渡る=長井市
  • 検査キットで水質をチェック=長井市
  • 検査キットで水質をチェック=長井市
  • 水の透明度が分かる透視度計をのぞいてみる=長井市
  • 水の透明度が分かる透視度計をのぞいてみる=長井市
  • 最上川沿いを歩く=長井市
  • 最上川沿いを歩く=長井市
  • ゴールまであと少し。最上川沿いを元気に歩く=長井市
  • 歌を歌いながら笑顔で歩く=長井市
  • ゴールまで歩き通して水分補給=長井市

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から