県内ニュース

【高校野球】大会振り返って 決勝2校、投打で高いレベル

2018年05月28日 09:22
PR
 決勝で接戦を演じた羽黒と山形中央は、投打ともに高いレベルにあることを示した。優勝した羽黒は先発佐藤幸弥を中心とした守備陣の粘りとチーム打率4割超の打線がかみ合い、激戦を制した。

 羽黒は1回戦から全5試合で2桁安打を記録。切れ目のない打線は強力だった。チャンスと見るや畳み掛ける集中力も際立っており、決勝の八回に見せた連打にはその迫力が凝縮されていた。

 準優勝の山中央は、準々決勝の鶴岡東戦で完封した佐藤智輝、決勝中盤までゲームをつくった高地洋輔ら投手層の厚さは随一だった。3位の山形城北は5番伊藤航大が5試合連続長打、さらに全チーム最多の3本塁打を放つ強打が光った。東北大会での活躍を見てみたい選手の一人だ。

 創学館は準決勝でエース武田真東が死球で途中交代した影響もあり、コールド負けを喫したが、3位決定戦では城北を相手に終盤までリードする展開。勢いだけではない「実力」を証明した。

 全体的に1点差の接戦や、終盤での逆転劇、あるいは最後に持ちこたえて逃げ切る試合も多かった。最後まで諦めない姿勢は勝負強さに直結することを再確認し、各チームの成長を期待したい。(報道部・小林達也)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から