県内ニュース

国道48号渋滞緩和へ、時間ずらしお得 サクランボ時期、入場料を割り引き

2018年06月08日 11:39
国道48号の渋滞回避を促す広報チラシ。お得なサービス情報を掲載している
国道48号の渋滞回避を促す広報チラシ。お得なサービス情報を掲載している
 サクランボシーズンの6月に発生する国道48号の渋滞緩和を目的に、国土交通省は東根、天童両市などと連携し、来県者に出発や帰宅時間の分散を促す取り組みに力を入れる。混雑時を避けてサクランボ園を訪れた観光客には入場料を割り引くなどする試みで、初めて実施した昨年は仙台市から東根市までの所要時間が平均11分短縮する成果があった。本年度も継続し満足度の高い観光につなげる。

 東根市は今月16日から7月8日の土日限定で、午前9~10時の間、JRさくらんぼ東根駅1階の観光案内所で「さくらんぼ狩り入園券」を約4割引きで販売する。さらに午後2~3時に案内所で入園券を購入した場合、さくらんぼ東根温泉の入浴券をプレゼントする。

 天童市では今月15日~7月10日、市観光果樹園連絡協議会に加盟する14の観光果樹園で入園料を300円割り引くサービスを実施する。時間帯は各園の開園から午前10時まで、または午後2時から閉園まで。対象はこれらの内容を記した広報チラシを持参した観光客とする。

 国交省山形河川国道事務所によると、サクランボシーズンの国道48号は、午前9時~正午に仙台市から本県に向かう車両で、午後2~6時には帰宅車両で混雑する。この時間帯の交通量を減らそうと取り組み、昨年は午前10時台に東根市への所要時間が平均1時間23分となったとのデータがまとまり、前年との比較で11分短縮している。

 取り組みは観光客の県内の滞在時間を増やすことにもつながる。東根市観光物産協会は、昨年は前年より多くの観光客に入園券を購入してもらったとし、「サクランボシーズンが終わった後も、気軽に東根市を訪れてもらえるようにPRしたい」。天童市は「今年も渋滞緩和、観光者の増加と“ウィンウィン(双方に有益)”になるようにしたい」と話す。

 同事務所はこのほか、迂回(うかい)路を紹介する案内看板の設置なども引き続き強化し、混雑回避に努めることにしている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から