県内ニュース

モンテ、今季初のホーム戦連勝 6試合負けなし

2018年06月12日 08:46
〈山形―千葉〉前半22分、山形のFW阪野豊史(右)が先制点を奪いMF三鬼海と喜ぶ=天童市・NDソフトスタジアム山形
〈山形―千葉〉前半22分、山形のFW阪野豊史(右)が先制点を奪いMF三鬼海と喜ぶ=天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2は第18節第2日の10日、各地で8試合が行われた。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で千葉と対戦し、2―1で勝利した。山形は3勝3分けで6試合負けなし。通算成績は6勝6分け6敗とし、暫定順位は14位から11位に上がった。

 前半22分にFW阪野豊史が右CKを頭で押し込み、前半を1―0で折り返した。後半11分にも阪野がFKをヘディングで合わせて追加点。同36分に失点を喫したものの、逃げ切った。

 次節は16日、甲府市の山梨中銀スタジアムで甲府と対戦する。

 【評】山形がセットプレーから2得点を挙げ、逃げ切った。いずれもMF三鬼が蹴った高精度のボールを、FW阪野がスペースに走り込んで合わせた。相手はパスをつないで攻撃を組み立てたが、山形は全体でのカバリングに意識を高く保ち、後半終盤の1失点にとどめた。

三鬼⇒阪野、どんぴしゃ2発
 新たなホットラインの誕生を予感させる2得点で、山形が今季初のホーム戦連勝。MF三鬼海がキッカーを務めたセットプレー2本をFW阪野豊史が頭で力強く合わせた。チーム最多5得点目を挙げた阪野は「しっかり枠に打てた」と晴れやかな表情を見せた。

 セットプレーの狙いがはまった。ゴールから遠ざかるような球を送る場合のプレースキッカーに、三鬼が新たに指名された。右サイドで自身のプレスから相手のミスを誘い、この試合2本目のCKを獲得した。キックは「PKマーク付近を意識した」。強風で高い精度が求められる中、1本目に続き、チーム全体で狙ってつくったスペースにボールを供給した。そこに阪野が走り込み、ヘディングでコースを突いた。

 後半11分の追加点は、敵陣右サイドでのFKから生まれた。「(阪野の)前のスペースを狙った」と三鬼。相手を振り切って飛び込んだ阪野にぴたりと合い、豪快にネットを揺らした。阪野が「勢いを殺さずに打てた」と自賛した頭での2点目だった。

 第13節の讃岐戦以来、3勝3分けで勝ち点を積み重ねている。セットプレーの武器を磨きつつ、守備の立て直しで失点は大きく減り、今季の得失点差は初めてゼロに。得点を求められる背番号11が2戦連続弾を決めるなど、チームの歯車が徐々にかみ合ってきた。阪野は「まだ上位は近い。追い掛けて強気の試合をしたい」と、頼もしく締めくくった。

セットプレー狙い通り
 木山隆之(たかし)監督の話 得点はセットプレーからだったが、狙っていたこと。前半は戦う意思、勝つために力を出し尽くす姿勢が良かった。リード後にもう少し前に出たかった面もあったが、勝つことが大前提。守備のバランスを整えながら、攻撃力が付いてきたことは収穫だ。

【モンテ選手ひと言】
 ▽GK櫛引政敏 (順位の近い)千葉からの勝ち点は上へ行くために必要で、勝てたことは素晴らしい。無失点にこだわり、トライしていきたい。

 ▽MF本田拓也 もっと自分たちの時間帯をつくりたかった。

 ▽FW小林成豪 カウンターもあったが、最後の精度が悪かった。もっと丁寧にいくことが今の課題。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から