県内ニュース

県勢、カヌー全9種目制す 東北高校選手権

2018年06月18日 08:12
〈カヌー男子・カナディアンペア500メートル決勝〉息の合ったパドルさばきで中盤に後続を引き離す谷地の荒木岳樹(中央左)・伊藤真大組=西川町・月山湖カヌー競技場
〈カヌー男子・カナディアンペア500メートル決勝〉息の合ったパドルさばきで中盤に後続を引き離す谷地の荒木岳樹(中央左)・伊藤真大組=西川町・月山湖カヌー競技場
 東北高校選手権は17日、各地で13競技を行い、カヌーは男子カナディアンペア500メートルで荒木岳樹・伊藤真大組(谷地)が優勝するなど県勢が男女全9種目を制した。

 陸上は女子200メートルで青野朱李(山形中央)が23秒96、同1600メートルリレーで山形中央(後藤小真知、青野心音、阪希望、青野朱)が3分47秒01の共に大会新で1位。青野朱は100メートル、400メートルリレーに続く4冠を達成した。同100メートル障害で茨木凜(九里学園)が13秒81、男子三段跳びの松田基(山形中央)は15メートル42の共に大会新で頂点に立った。

 陸上はこの他、女子800メートルで長沼明音(九里学園)が2分10秒98で制覇。ソフトテニス男子個人は根本拓哉・斎藤龍二組(羽黒)が栄冠をつかんだ。ホッケーでは男子の置賜農が第1代表決定戦で勝利し、全国高校総体の出場権を得た。

荒木(谷地)が2年連続3冠―男子C
 昨年の全国高校総体を制した水上のスプリンターが2連覇に向けて勢いを付けた。カヌー男子カナディアンの荒木岳樹(谷地)が並み居る強豪を相手にシングル、ペア、フォアで3冠V2。「完成形にはほど遠い。でも、まだまだ強くなれる」と、表彰台のてっぺんで好感触を口にした。

 中学時代からペアを組む伊藤真大(同)と臨んだペア500メートル。強い向かい風が吹く中、「武器」と語る強力なストロークで序盤に先頭に躍り出た。中盤に差し掛かる前にほぼ独走状態となり、2位以下に3秒以上の差を付けてフィニッシュ。県高校総体では「水をかき回していただけ」と指摘した同校カヌー部の木村文浩顧問は「安定した試合運びだった」とうなずいた。

 強さを支えるのは、あくなき向上心だ。荒木はこの日だけで決勝3レースをこなし「技術だけでなく、大会を戦い抜く体力もいる」との気付きを得た。成長途中の3年生は最後の夏に向け、さらにピッチを上げていく。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から