県内ニュース

本県チーム、初日2敗 山形で東北六県囲碁大会

2018年06月24日 10:55
東北六県囲碁大会が開幕し、熱戦を繰り広げる各県チーム=山形市・山形メディアタワー
東北六県囲碁大会が開幕し、熱戦を繰り広げる各県チーム=山形市・山形メディアタワー
 山形新聞社など東北の5新聞社が主催する第63回東北六県囲碁大会が23日、審判長にマイケル・レドモンド九段(日本棋院)を迎え、山形市の山形メディアタワーで開幕した。初日は全5戦のうち1、2回戦を行い、団体戦初優勝を目指す本県チームは2敗で厳しいスタートとなったが、最終日に巻き返しを図る。

 各県代表3選手による総当たり戦が繰り広げられ、団体戦と個人戦でそれぞれ優勝を争う。本県は太田尚吾六段(30)=山形市=を監督に、大将・舩山悠介五段(28)=高畠町、副将・斎藤欣也六段(50)=酒田市、先鋒(せんぽう)・宗友正六段(52)=米沢市=が出場した。

 本県選手はそろいのポロシャツを着用して会場入り。1回戦は青森県と対戦し、舩山五段は中盤まで優勢だったが、終盤に逆転された。斎藤六段も拮抗(きっこう)する展開からリードを許した。宗友六段は相手の模様に突入してしのぎに成功、勝ち星を挙げた。

 宮城県と当たった2回戦。舩山五段は中盤にリードされ、挽回を図ったものの勝ちきられた。斎藤六段は大接戦から寄せ勝負であと少し及ばなかった。宗友六段は振り替わりの攻防が光り、完勝した。

 開会式では主催者を代表して本部長の佐藤秀之山形新聞常務編集局長があいさつし、審判長のレドモンド九段が「いつもと違う人と打つことで新しい発見をしてほしい」と選手を激励した。最終日の24日は3~5回戦を行い、本県は岩手、福島、秋田の順に対局する。

 初日の成績は次の通り。

(先が先番、○が勝者)

 ▽1回戦
青森 2―1 山形
○先古川六段 15目半 舩山五段
○佐々木六段 中押し 先斎藤六段
 先浅利六段 半目 宗友六段○
福島 3―0 岩手
秋田 2―1 宮城

 ▽2回戦
宮城 2―1 山形
○五十嵐六段 中押し 先舩山五段
○先佐伯六段 1目半 斎藤六段
 斎藤六段 13目半 先宗友六○
青森 3―0 岩手
秋田 3―0 福島

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から