県内ニュース

全国高校野球山形大会100回~夏空の球音(3) 名選手たち(下)第80~99回大会

2018年07月07日 15:30
1年時から日大山形の中軸を担い、その後のプロで活躍した栗原健太(日大山形出)=1999年
1年時から日大山形の中軸を担い、その後のプロで活躍した栗原健太(日大山形出)=1999年
 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で世界一に輝いた栗原健太(日大山形出)は、1997年の第79回から3年連続で山形大会に出場。1年時から強豪校の中軸を担い、後に広島で活躍した強打者としての礎を築いた。

 第79回は3回戦敗退。その後の新チームから不動の4番打者になる。第80回の決勝で三塁打を放ち、酒田南を8―2で下した。初の甲子園は1回戦で星稜(石川)に1―10で敗れたが、唯一の打点を挙げた。主将として臨んだ第81回は準々決勝で酒南に7―10で敗れ、涙をのんだ。「東北一のスラッガー」との呼び声は高く、広島にドラフト3位入団。2016年まで現役を続け、現在は楽天1軍打撃コーチを務める。

 栗原と同年代では、横浜などでプレーした捕手小田嶋正邦(東海大山形出)が1年時の第77回で甲子園に出場。6―8で敗れた3回戦の帝京(東東京)戦では、代打で1打点を挙げた。投手では日本ハム2軍投手コーチの加藤武治(山形南出)が第77回で、広島などに所属した梅津智弘(上山明新館出)は第82回で、それぞれ登板した山形大会3回戦で敗退した。

2年連続で山形大会を勝ち抜き、甲子園出場を果たした長谷川勇也(酒田南出)=2002年
2年連続で山形大会を勝ち抜き、甲子園出場を果たした長谷川勇也(酒田南出)=2002年
 パ・リーグの首位打者、最多安打の実績を持つソフトバンクの長谷川勇也(酒田南出)は、第83回から2年連続で主力として全国に進出。3年時の第84回は1回戦で明徳義塾(高知)に0―5で敗れ、3打数1安打だった。17年に本県高校生初のドラフト1位指名を受けたソフトバンクの吉住晴斗(鶴岡東出)は、2年時に甲子園のマウンドを経験。チームは3―5でいなべ総合学園(三重)に惜敗した。エースを担った第99回は、山形大会3回戦の山形中央戦で5―12で敗れた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から