県内ニュース

全国高校野球山形大会100回~夏空の球音(4) 全国に挑む

2018年07月08日 10:09
県勢初の甲子園出場を懸けた山形中(現山形東高)-米沢興譲館中(現米沢興譲館高)の決戦を伝える1936年8月5日付の山形新聞
県勢初の甲子園出場を懸けた山形中(現山形東高)-米沢興譲館中(現米沢興譲館高)の決戦を伝える1936年8月5日付の山形新聞
 「甲子園行きの雌雄を決する待望の一戦」―。1936(昭和11)年8月4日、第22回全国中学優勝野球(現全国高校野球選手権)の東北大会決勝は、山形中(現山形東高)―米沢興譲館中(現米沢興譲館高)の県勢同士の顔合わせとなった。どちらが勝っても本県初の甲子園出場が決まる大一番を、当時の山形新聞は「地元同志の決戦」との見出しで伝えた。

 甲子園出場を懸けた予選に県勢が参加したのは、19(大正8)年に行われた第5回大会に出た荘内中(現鶴岡南高)が初めてだった。それから実に17年。県民悲願の瞬間に立ち会おうと、会場は試合前から対決を待ちわびた観客であふれ、その熱狂ぶりは、警官が群衆整理に駆り出されるほどだった。本紙も「火の出る様な熱戦が展開され(中略)追ひつ追はれつ鎬(しのぎ)を削つて戦つた」と、当時の盛況ぶりを伝えている。

 県大会決勝と同カードとなった大一番は、雪辱を誓った山形中が四回に2点を先制し、主導権を握った。5点リードで迎えた九回裏、1死満塁のピンチから直後に2点を奪われると、次打者が放った打球は外野へ飛んだ。中堅手が柵際で好捕し、7―4で逃げ切った。翌日の紙面には「勝つた!山中が勝つた!」との見出しが躍った。本県球史に新たな歴史が刻まれた。

 県勢初の甲子園で山形中は千葉中(千葉・現千葉高)と対戦し、1―8と完敗。ほろ苦い船出となった。山形中は4年連続で甲子園の土を踏むも、県勢が初めて夏の1勝を挙げるのは30年以上先の話。日大山形の活躍まで待たなければならなかった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から