県内ニュース

多世代集まる「元気食堂」 上山・食事や交流の場に

2018年07月13日 14:30
子どもたちに提供する食事を用意する高校生ボランティアやスタッフたち=上山市・長清水公民館
子どもたちに提供する食事を用意する高校生ボランティアやスタッフたち=上山市・長清水公民館
 子どもたちを中心に、無料、低価格の食事や交流の場を提供する「ながすず元気食堂」が、上山市の長清水公民館で始まった。月1回のペースで開催し、一人暮らしのお年寄りにも参加を呼び掛けるなどして多世代が触れ合う機会を設けていく。

 運営するのは同市の社会福祉法人「走翔会」(深瀬幸敏理事長)。子育て支援や貧困対策として広がりを見せる「子ども食堂」だが、同会は市民がつながりを持てる居場所づくりを目指す。活動には市高校生ボランティアサークル「ジュニアリーダーあすなろ」のメンバーや東北文教大短期大学部の学生が参加、さらに今後は地域住民も巻き込んでいくという。

 初回の6日は、地元児童18人とボランティアら計約35人が参加した。高校生や大学生から宿題を教わった後、午後6時に全員で「いただきます」。メニューは▽ひき肉の野菜カレー▽水菜とシイタケと卵のスープ▽オレンジとミニトマトのイタリアンサラダ▽ナスの煮浸し―で、作りたてを笑顔で味わった。6年生の男児は「友達がいっぱいいて楽しい。みんなで食べるご飯はおいしい」と話していた。食事の後はクイズやゲームで交流した。

 同会の加藤秀明事務局長は「世代を問わず、誰もがにぎやかに交流できる場所にしたいというのが1番の願い。地域に根付いた食堂として、長く活動を続けていきたい」と話している。

 次回は8月3日。料金は中学生以下無料、高校生以上300円。誰でも参加でき、2日前まで申し込む。同会は運営、食材、賛助の応援団を募集している。問い合わせと予約は同会023(677)0666。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から