県内ニュース

自分だけの「鳴子こけし」 遊佐・吹浦小で絵付け体験教室

2018年07月19日 13:08
工人の指導を受けて絵付けをする児童=遊佐町吹浦小
工人の指導を受けて絵付けをする児童=遊佐町吹浦小
 宮城県大崎市の伝統工芸品「鳴子こけし」の絵付け教室が18日、遊佐町吹浦小で開かれ、4~6年生32人が工人の指導を受けながら顔や模様を描いた。旧鳴子町時代に遊佐町と兄弟町の盟約を結んで以降続いており、24回を数える。

 鳴子こけしは本県の蔵王や肘折などと異なり、首を回すと「キュッキュッ」と音がするのが特徴。全国有数のこけし産地から工人歴40年超の大沼秀則さん(58)が来校した。

 児童は紙に下絵を描いた後、白木の六寸こけし(高さ18センチ)に黒・赤・緑の顔料を使って絵付けした。一筆一筆、丁寧に仕上げていた6年池田紗良さん(11)は「唇が難しかったけど、先生から細い筆先の使い方を教わってうまくいった」と満足そう。野球のユニホーム姿にしたり、アニメ風の顔に描いたりと個性的なこけしも並んだ。

 この日仕上げた作品は9月1~2日に大崎市で開催される「全国こけし祭り」で並べられ、各学年から1作品ずつ選ばれる優秀作は市内の「日本こけし館」に展示される。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から