県内ニュース

【高校野球】羽黒、悲願の初勝利目指す

2018年08月03日 07:40
PR
 第100回全国高校野球選手権大会(5日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会は2日、大阪市のフェスティバルホールで開かれ、本県代表の羽黒の初戦は大会第6日(10日)第3試合の1回戦で、奈良大付(奈良)と対戦することが決まった。

 史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)は、第2日第2試合の1回戦で2016年に全国制覇を達成した作新学院(栃木)と激突する。

 開幕試合は藤蔭(大分)-星稜(石川)。前回大会覇者の花咲徳栄(北埼玉)は第4日第4試合で鳴門(徳島)と、今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山は第3日第2試合で近江(滋賀)といずれも1回戦で対戦する。

 開会式の選手宣誓は、近江の中尾雄斗主将が務める。抽選会では3回戦までの組み合わせが決まった。

【羽黒】多彩な3投手が軸
 羽黒は15年ぶり2度目の出場となる。夏の甲子園ではまだ白星を挙げておらず、初勝利を目指す。

 投手陣は最速148キロの佐藤幸弥、2年生篠田怜汰の両右腕と左サイドスロー金子摩周が3本柱を形成する。佐藤は威力のある速球を武器に山形大会計17イニングで20奪三振を奪う力投を見せた。甲子園で背番号1を背負う最速145キロの篠田は安定感があり、五回途中から継投した決勝戦では自責点0の粘投でサヨナラ勝ちを呼び込んだ。金子は緩急のある投球が持ち味。守備陣は5試合で1失策と堅守が光る。守りからリズムをつくりたい。

 山形大会でのチーム打率は3割0分3厘。決勝のサヨナラ弾を含む3本塁打を放った4番竹内大貴、同じく3本塁打の5番藤沼龍之介ら中軸に長打力と勝負強さがある。

 注目は4割7分6厘の高打率を残した1番鈴木倫。好調のリードオフマンが好機を演出してチームに勢いをもたらすことができるか。

【奈良大付】切れ目のない打線
 対する奈良大付は、奈良大会決勝で強豪の天理を延長戦の末にサヨナラで下し、初出場を決めた。準決勝までの4試合で44得点を挙げ、決勝では天理に10―9で打ち勝った。チーム打率は4割5分8厘で、打率5割超の3番東郷佑太らを軸とした切れ目のない打線は強力だ。投手陣はストレートを主体にスライダー、カーブ、チェンジアップと多彩な球種を持つ木村光、緩急を使い分ける別府勇輝が柱となる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から