県内ニュース

マンホールカードに2市町が仲間入り 「サクランボ」と「縄文の女神」

2018年08月03日 09:54
 全国で普及が進むマンホールカードに、東根市版と舟形町版が仲間入りした。それぞれサクランボと縄文の女神をあしらったデザインで各2千枚を発行。11日から市観光物産協会と町観光物産センター「めがみ」で、それぞれのカードの配布を始める。

 カードは全国ネットワーク「下水道広報プラットホーム(GKP)」が企画・監修。表には自治体ごとに異なるマンホールのふたの写真、裏にデザインの由来などを表記している。

東根市のマンホールカード
東根市のマンホールカード
 東根市版は、たわわに実るサクランボが描かれ、青い背景に果樹王国を代表する真っ赤な実が映えるデザイン。JRさくらんぼ東根駅前通りに、背景が白い同様のマンホールが設置されているが、カードになったものは市内の観光名所付近の1カ所だけという。市都市整備課は「市内を散策しながら下水道を見直すきっかけとして、マンホール探しも楽しんでもらえたら」と話している。

舟形町のマンホールカード
舟形町のマンホールカード
 舟形町版は町内の西ノ前遺跡から出土した縄文時代中期の土偶、国宝「縄文の女神」を中央に、足元には町の花コブシを添えた。全体を町の魚アユが囲み「縄文の女神と若鮎(あゆ)の里」をアピールするデザイン。町まちづくり課は「最上小国川の清流を維持する下水道だが、多くの人に町を訪れてもらいマンホール探しと散策を楽しんでほしい」と話している。

 マンホールカード第1弾は2016年4月に発行された。東根市と舟形町は第8弾に含まれ、シリーズ累計は全国364自治体418種類になる。県内では鶴岡、天童、上山、南陽、寒河江各市と県が既に参画している。GKPのホームページ(http://www.gk-p.jp/)で全国各地のマンホールカードを閲覧できる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から