県内ニュース

世界一のペア、小中高生を指導 酒田・北都銀行バドミントン教室

2018年08月17日 20:30
教室を開いた北都銀行バドミントン部の(左から)永原和可那、松本麻佑の両選手ら=酒田市国体記念体育館
教室を開いた北都銀行バドミントン部の(左から)永原和可那、松本麻佑の両選手ら=酒田市国体記念体育館
 秋田市の北都銀行バドミントン部を招いた教室が17日、酒田市の国体記念体育館で開かれた。今月、中国の南京で開催された世界選手権の女子ダブルスで優勝した永原和可那選手(22)と松本麻佑選手(23)らが、地元の小中高生約80人を指導した。

 東日本大震災をきっかけに同行が東北6県で始め、酒田地区バドミントン協会では8回目となる。この日は選手と監督、コーチ計11人が訪れた。ロンドン五輪ベスト8の佐々木翔さん(36)が昨年から監督を務めており、世界レベルのメンバーを前に参加した児童や生徒は緊張した面持ちだった。松本選手は「子どもへの伝え方を考えることは自分にとっても意味がある」と話していた。

 レシーブの練習や実戦形式の打ち合いで交流したほか、佐々木監督と選手たちが11ポイント先取の試合を見せる場面も。世界を制した永原選手がスマッシュを決めると、そのスピードに会場からため息がもれた。立川小5年の石川彩夏さん(11)と同4年の上野優花さん(10)は永原・松本組と対戦。「速かったけどラリーから2点を取れた。全国や世界に行けるようになりたい」と興奮気味に話していた。

関連写真

  • 松本麻佑、永原和可那の両選手(前列左から3、4人目)ら北都銀行バドミントン部が子どもたちを指導した=酒田市国体記念体育館

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から