県内ニュース

プロ棋士へまず一歩 寒河江・高橋さん(陵東中2年)が奨励会合格

2018年08月18日 11:00
PR
 寒河江市陵東中2年の高橋大輝さん(14)=寒河江市西根=が17日、プロ棋士を養成する日本将棋連盟の奨励会の入会試験で合格内定を得た。本県からの合格者は2年ぶり。「まずは1年以内に昇級し、最終目標のプロを目指して頑張る」と意気込みを語る。

 去年に続き2度目の挑戦だった。試験は15~17日、東京の将棋会館で行われた。受験者同士の対局で3連勝して1次試験をクリア、2次試験は級位を持つ奨励会員との3番勝負で1勝するのが条件で、1人目の相手に勝った。将棋連盟によると、筆記や面接も含めた合格通知が近く郵送される。

 高橋さんは天童市で今月開かれた全国中学生選抜将棋選手権大会で、全国2位の実績を持つ選手を破り8強入りした。振り飛車党で強気な攻めが持ち味。小学2年で将棋を始め、6年から天童少年少女将棋教室に通っている。教室ではトップの実力を誇る。

 試験を振り返り「力はあると言ってもらえていたので、自分の手に自信を持って打った」と高橋さん。父宏治さん(44)は「奨励会という目標に向かってよく頑張った。自分で決めた道を切り開いて」と激励した。9月から月2回、将棋会館に通って腕を磨く。

 本県出身の現役プロ棋士は阿部健治郎七段(29)=酒田市出身=のみ。奨励会には、三段の岡部怜央(れお)さん=鶴岡市出身、3級の渡辺東英(はるひで)さん=中山中3年=が通っている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から