県内ニュース

「66将棋」普及へ駒箱セット 天童商議所、試作品を製作

2018年09月06日 13:57
66将棋駒セットの箱と紙袋の試作品が完成した
66将棋駒セットの箱と紙袋の試作品が完成した
 天童商工会議所が考案した「66(ろくろく)将棋」の駒箱セットの試作品が出来上がった。紅花カラーとサクランボを生かした女性受けするデザインだ。同商議所賑(にぎ)わい創出プロジェクト委員会は普及用に加え高級セットも開発中で、来春の発売を目指す。普及の拠点となる施設・商店を近く募る考えだ。

 同委コーディネーターの松田道雄尚絅(しょうけい)学院大特任教授を中心に、女性メンバーの意見を採り入れ、駒箱デザインの検討を重ねた。天童市などが認定された日本遺産「山寺が支えた紅花文化」を生かさない手はないとばかりに紅花色を採用。べた塗りしたものと、布地風にカジュアル感を出した2パターンを製作した。

 上ぶたには数字の6、サクランボを組み合わせたロゴをあしらった。中には折り畳んだ紙製盤と解説書を入れた。動画投稿サイトの「ユーチューブ」にルール解説の動画をアップしており、解説書に記載されたQRコードからアクセスできる。

 縦横とも6マスの計36マスで対局するため短時間で決着がつき、昼休みでも楽しめる手軽さが66将棋の売り。女性や観光客を引き込むには普及拠点が必要だ。駒セットを旅館ロビーやカフェに置き、対局を体験してもらう。商店の陳列棚に飾るインテリアにもなれば、介護施設なら脳トレに活用できる。道の駅、学校も大歓迎だ。同委は普及に参画する事業所を募集するとともに、イベント会場でPRを図る。

 既に試作済みの紙袋のデザインに合わせ、駒と盤の升目を生かした箱、有田焼の盤など高級セットの商品化も目指している。問い合わせは同商議所023(654)3511。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から