県内ニュース

新庄中核工業団地内に保育園完成 従業員向け、人材確保の一助に

2018年09月20日 12:02
完成した「ふくだのやま あじさい保育園」。天井が高くゆったりとした保育室=新庄市・新庄中核工業団地
完成した「ふくだのやま あじさい保育園」。天井が高くゆったりとした保育室=新庄市・新庄中核工業団地
 新庄市の新庄中核工業団地内に企業主導型保育園「ふくだのやま あじさい保育園」が完成し19日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。10月1日に開園し、同団地の立地企業従業員の子どもを受け入れる。働きやすい環境を整え、工業団地のイメージアップを図っていく。

 園舎は同団地の北側入り口付近に建て、木造平屋で広さ220平方メートル。保育室、ほふく室、事務室、トイレ、調理室などがあり、全館床暖房を採用した。高い天井のゆったりした空間で子どもが伸び伸びできる保育環境を整えた。駐車場は30台分設けた。

 事業主体は立地企業のヤマムラ(中村忍社長)で、市内の夢現社(阿部文子代表取締役)に運営を委託。団地内の47社で組織する立地企業協議会(会長・庄司正人山形メタル社長)の企業従業員約1800人の子どもを預かる。対象は生後6カ月から2歳児で定員19人。開園時間は月―土曜日の午前7時15分から午後7時15分まで。保育料は月2万6千円だが、自治体と立地企業協議会からの支援を受けて軽減できる。

 竣工式には山尾順紀市長や須藤勇司県最上総合支庁長ら来賓を含む関係者約30人が出席。庄司会長と中村社長が「工業団地の子育て支援のシンボルになる」「立地企業の雇用が安定し若い優秀な人材を確保するための一助になってほしい」とそれぞれあいさつした。

 19日夕には、同立地企業協議会の設立30周年記念式典が市内のニューグランドホテルで行われた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から