県内ニュース

新潟・庄内DCで新観光列車を運行 JR東、夕日と新雪をイメージ

2018年10月17日 11:06
来年10月からのDC本番に合わせ運行する海里(JR東日本新潟支社提供)
来年10月からのDC本番に合わせ運行する海里(JR東日本新潟支社提供)
 JR東日本新潟支社は16日、2019年10~12月の新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)に合わせ、新観光列車「海里(かいり)」を運行させると発表した。来年10月からのDC本番でJR羽越本線新潟―酒田間を走り、日本海の食と景観をアピールする。

 海里は4両編成で、定員86人。2人掛けのリクライニングシートを中心とした1号車と全席4人掛けの2号車、売店などのある3号車、2人掛けと4人掛けの座席を備えた4号車で構成する。外観は夕日と新雪をイメージした赤、白2色を使ったグラデーションで日本海の風景を表現した。3号車の売店では、庄内と新潟産の食材を用いた特製弁当の販売を予定している。

 具体的なダイヤや海里を使った旅行商品など具体的な計画は今後検討する。同支社販売課は「乗客の皆さんに旅を楽しんでもらえるよう、運行開始まで計画を詰めていきたい」と話している。同エリアでは今月から年内いっぱい、プレDCを展開している。

食や観光資源、熱く魅力PR―新潟で全国宣伝会議
 新潟県・庄内エリアDCに向け、全国宣伝販売促進会議が16日、新潟市の朱鷺(トキ)メッセで開かれた。パネルディスカッションや観光プレゼンテーションなどを通じ、旅行業界関係者らに地域の魅力をPRした。

 全国の旅行会社、JR、メディア関係者を対象にした会議には、本県からも吉村美栄子知事や皆川治鶴岡市長らが出席した。パネルディスカッションは、鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行オーナーシェフが参加し、元NGT48で女優の北原里英さんも登場。新潟県や庄内地方の食文化や観光資源をアピールした。

 17~18日は新潟県内7コース、庄内地方1コースに分かれて、エクスカーション(体験型見学会)が繰り広げられる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から