県内ニュース

皇太子さま、手を振り優しい笑顔 県民の声

2018年11月08日 08:31
歓迎に集まった市民に笑顔で手を振りJRかみのやま温泉駅を出発される皇太子さま=上山市
 第21回全国農業担い手サミットinやまがた(8、9日)出席のため7日午後、上山市のJRかみのやま温泉駅に到着された皇太子さま。駅前や沿道には大勢の市民が集まり、秋の実り、色づく山々の魅力を感じてほしいと、それぞれの思いを込めて手を振った。視察先の上山明新館高では生徒と言葉を交わす場面もあった。

 かみのやま温泉駅を出た皇太子さまは集まった約120人を前に立ち止まって手を振り、笑顔を返された。県によると、上山市を訪れるのは国民文化祭で来県された2003年以来。出迎えた同市南町、無職布施勇さん(77)は感激した様子で「前回いらっしゃったころより、さらにりりしく、風格を感じた」と語った。

 同市軽井沢2丁目、上山小6年萩生田康永君(12)は家族、友人と沿道から手を振った。「皇太子さまはテレビで見るのと同じように優しそうだった。上山に来てくれてうれしいし、思い出になった」と喜んだ。同市八日町、自営業井苅美保さん(51)は「蔵王の紅葉は美しく、果実も旬。本県の秋を感じていただければうれしい。来年の即位後もぜひ、天皇、皇后両陛下でいらしてほしい」と声を弾ませた。

 滞在先の日本の宿古窯では近くの住民が駆け付けた。到着した皇太子さまが車窓から手を振られると歓声が上がり、同市葉山、美容師札野節子さん(77)は「優しい表情を見せていただいた。おいしい農産物を召し上がって、本県農業の魅力に触れてほしい」と笑みを浮かべた。

 上山明新館高では、生徒たちが園芸や食品製造の取り組みを皇太子さまに紹介した。シクラメン栽培について「作業は順調ですか」と声を掛けられた食料生産科3年高橋一郎君(17)は「とてもびっくりしたし、どきどきした」。将来についての質問には「大学でもっと農業を勉強したい」と答えたといい、「皇太子さまに約束したので、必ず実現できるよう努力していきたい」と誓った。

 前生徒会長で普通科3年伊藤萌乃さん(18)は見送りの際に「学校で楽しいことは」と尋ねられ、「大好きな生物の授業です」と返したという。「会話から優しさが伝わってきた」と驚きと感激を振り返り、「生徒はみんな緊張していたけど、穏やかな表情で接していただき落ち着くことができた。一生に一度かもしれない貴重な機会に感謝しています」と語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から