県内ニュース

立ち会い不要、制度の隙つき水増しか 米沢・市道修繕不正

2018年11月13日 07:20
PR
 米沢市内の建設業者による市道維持修繕工事費用の水増し請求問題で、業者が不正行為をしていたのは市職員による施工前後の現場立ち会いが原則的に必要ない工事だったことが12日、関係者への取材で分かった。工事費用の算出根拠となる資材使用量も市は納品書のみで決裁しており、業者はチェックの目が届きにくい制度の隙をつき、数年にわたって水増し請求をしていた疑いが強まっている。

 業者が請け負っていたのは「小規模維持修繕工事等業務委託」。関係者によると、年間を通じた契約で、道路の損傷が見つかった場合に施工する。通常の舗装工事などと違って緊急性が伴い、速やかな対応が求められるため、市職員の立ち会いによる現場確認の省略を認めている。

 市は業者から提出される現場写真や面積などの書面を基に必要性を判断し、工事を指示。仕上がりは施工後の現場写真と補修箇所の面積などを記した書面、業者から提出される補修材の納品書で確認している。

 一律の厚さで施工する一般的な舗装工事と異なり、小規模維持修繕では穴の大きさや深さは現場によってまちまちなため、特に事前段階の補修材使用量の算出は業者の申告によるところが大きい。業者は事前申請の段階で水増し工作をしていた可能性が高く、こうした事務の運用を逆手にとって不正請求を繰り返していたとみられる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から