県内ニュース

酒の秘密、尽きぬ興味 日本酒学校、山形で開校

2018年11月17日 13:56
利き酒を体験する生徒=山形市・県酒造会館
 県酒造組合(仲野益美会長)の第19期日本酒学校が16日夜、山形市の県酒造会館で開校した。生徒の男女32人が来年7月まで5回にわたり、県産日本酒の魅力、知識を学ぶ。初日は開校式に続き、日本酒概論の座学、利き酒を体験した。

 県工業技術センターの石垣浩佳開発研究専門員が講師を務めた。石垣氏は本県が良い水、良い酒米、良い酵母に恵まれ、世界トップ級の良質な酒が造れると指摘。本県生まれの酒米「出羽燦々(さんさん)」「出羽の里」「雪女神」の系譜、特長を紹介した。

 良い酒米の条件に▽良い蒸し米が作れる▽こうじ菌が入りやすい▽溶解、糖化しやすい―を提示。雪女神は大粒でタンパク含量が少ないため、大吟醸酒を造るのに適しているとした。また「日本酒は酸度とアミノ酸のバランスが大事。日本酒度が高ければ辛口、低ければ甘口」と説明。本県のブランド酒「DEWA33」「山形讃香(さんが)」も紹介した。

 生徒はメモを取りながら聴講。利き酒は少量を口に含んで香りや味を確かめる手法を学んだ後、県内9銘柄を対象に実践した。

 今後、酒造り体験、酒蔵見学がある。第18期までに約670人が修了した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から