県内ニュース

【モンテ】12位、目立った「勝負弱さ」 今季の戦い振り返る

2018年11月20日 10:12
福岡戦の後半ロスタイムに同点とされ、肩を落とす山形の選手たち=10月21日、天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2・モンテディオ山形は17日にリーグ戦全日程を終えた。木山隆之(たかし)監督の就任2年目となった今季は、全42試合で通算14勝14分け14敗、順位は22チーム中12位。後半戦で勝率を伸ばせず、J1昇格プレーオフ(PO)圏内に食い込めなかった。試合終盤の大事な時間帯で失点を重ねるなど、「勝負弱さ」が目立った。

 前半戦は尻上がりに調子を上げた。PO出場圏6位と勝ち点2差の7位、9試合連続負けなしで折り返したが、木山監督が「勝負が決まる」とした後半戦の9月以降に白星は遠く、上位に離された。後半戦の連勝はわずか1回。波に乗るポイントはなく、3試合を残してPO出場の可能性が消えた。

 後半戦の総失点27のうち、後半35分以降に8失点を喫した。第33節の甲府戦では試合を支配しながら、1点リードの後半38分にロングボール主体の攻撃を受けて失点。直後の讃岐戦は選手交代で守りきる布陣を組んだが、後半ロスタイムに1―1とされた。試合運びの悪さが目立ち、引き分けは昨年に続いてJ2最多タイの14を数えた。

 攻撃面では、堅い守りを持ち味とするチームを崩す破壊力に欠けた。優勝した松本のほか、栃木、水戸はいずれも堅守が売りだが、山形は1勝もできなかった。DF三鬼海らプレースキックの精度が高い選手が加入し、セットプレーの強みは増したが、戦術の柱としたビルドアップ(後方からのつなぎ)の完成度は向上の余地を大きく残した。DF栗山直樹は「松本や町田はどんなチームでもしっかり点を取ることができる」と上位との差を指摘した。

 リーグ戦は終わったが、クラブの戦いはまだ終わっていない。12月には天皇杯全日本選手権の準決勝・J1仙台戦が控える。天皇杯は初タイトルへの執念を示す舞台とも言える。まだリーグ戦が続くJ1勢に比べ、山形には日程的なアドバンテージがある。しっかりと準備を進め、チームの完成度を高めてほしい。(報道部・相原健佑)

【今季リーグ戦成績】
第1節・水 戸(A) ● 0―3 22位
第2節・大 分(A) △ 2―2 18位
第3節・熊 本(A) ○ 2―1 10位
第4節・町 田(H) △ 2―2 14位
第5節・横浜C(H) ● 2―3 15位
第6節・東京V(A) △ 0―0 17位
第7節・山 口(H) ● 0―1 19位
第8節・愛 媛(A) ○ 2―0 14位
第9節・京 都(H) ○ 1―0 11位
第10節・松 本(A) ● 0―1 12位
第11節・栃 木(H) ● 0―1 15位
第12節・福 岡(A) ● 1―2 19位
第13節・讃 岐(H) ○ 2―0 18位
第14節・大 宮(H) △ 1―1 19位
第15節・新 潟(A) △ 0―0 19位
第16節・金 沢(H) ○ 2―1 14位
第17節・岡 山(A) △ 2―2 14位
第18節・千 葉(H) ○ 2―1 11位
第19節・甲 府(A) ○ 2―1 10位
第20節・徳 島(H) ○ 3―2 9位
第21節・岐 阜(H) ○ 2―0 7位
第22節・横浜C(A) △ 1―1 9位
第23節・栃 木(A) ● 0―1 10位
第24節・新 潟(H) ● 1―2 11位
第25節・岡 山(H) ○ 1―0 9位
第27節・京 都(A) ● 0―1 11位
第28節・東京V(H) ○ 2―1 9位
第29節・徳 島(A) ● 1―5 11位
第30節・愛 媛(H) △ 1―1 12位
第31節・熊 本(H) ○ 2―1 10位
第32節・山 口(A) ○ 1―0 10位
第33節・甲 府(H) △ 1―1 10位
第26節・讃 岐(A) △ 1―1 9位
第34節・金 沢(A) ● 0―1 9位
第35節・松 本(H) △ 3―3 9位
第36節・町 田(A) △ 0―0 9位
第37節・千 葉(A) ● 1―2 9位
第38節・福 岡(H) △ 2―2 10位
第39節・水 戸(H) ● 0―1 13位
第40節・岐 阜(A) ○ 1―0 11位
第41節・大 宮(A) ● 1―2 12位
第42節・大 分(H) △ 1―1 12位
(かっこ内のHはホーム、Aはアウェー、順位は各節終了時点で一部暫定も含む。第26節は日程変更で開催)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から