県内ニュース

冬の山形、訪れて満足 全県と庄内キャンペーン

2018年12月02日 11:42
観光パンフレットやお菓子のセットをプレゼントした出迎え行事=山形市・JR山形駅
■山形駅に女将ら菓子など手渡す
 本県の「『山形日和。』冬の観光キャンペーン」と、JR東日本と東北6県などによる観光キャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL冬のごほうび」がスタートした1日、山形市のJR山形駅など県内5駅で、地元の自治体や観光関係者が乗客を出迎え、お菓子や観光パンフレットをプレゼントした。

 山形、米沢、新庄、鶴岡、酒田の各駅で合わせて約50人がもてなした。山形駅では女将でつくる「蔵王温泉こまくさ会」や、やまがた観光キャンペーン推進協議会などから16人が参加。山形新幹線が到着すると、「ようこそ山形へ」と乗客に声を掛け、本県の美食、美酒をアピールするガイドブックや観光パンフレット、お菓子のセットを手渡した。やまがた愛の武将隊や「きてけろくん」も登場し、記念撮影に応じていた。

 キャンペーンは来年3月31日までで期間中は宣伝広報活動に力を入れる。

庄内冬の三寒四温観光キャンペーンが始まり、庄内の酒と食を味わった=酒田市・マリーン5清水屋
■魚や地酒生かす、酒田で奮起宣言
 「おいしい食の都庄内 冬の三寒四温観光キャンペーン」が1日スタートし、酒田市のマリーン5清水屋でキックオフイベントが行われた。庄内の冬の食材を使った料理や全18酒蔵の日本酒が提供され、参加者が食の魅力を再確認した。

 キャンペーンは庄内観光コンベンション協会が冬期間の観光誘客を目的に、昨年に続いて企画。冬の一押し食材を「庄内三寒」(タラ、フグ、ズワイガニ)、観光素材を「庄内四温」(温泉、新酒、祭り、雛)とし、広く発信している。

 この日は関係者ら約80人が出席し、皆川治鶴岡市長の音頭で頑張ろう宣言を行った。「食の都庄内」親善大使・太田政宏さんが考案した、タラと白子のムニエル、トラフグとホッキ貝の雑炊などのコース料理を地酒とともに楽しんだ。太田さんは「庄内は食材が豊富。水がおいしいから酒もおいしく、料理人にとって天国のような所。存分に味わって」と呼び掛けた。

 キャンペーンは来年3月31日まで。期間中、庄内浜で水揚げしたフグを26店舗で提供するキャンペーン(12月1日~3月15日)や、各地での新酒まつり(1月下旬から3月上旬)など、多彩な催しが行われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から