県内ニュース

年末の防犯や交通安全へ「強化旬間」 県内各地で活動展開

2018年12月12日 10:11
 年越しの慌ただしい時期に、防犯意識の向上を呼び掛ける「年末警戒強化旬間」と交通安全を啓発する「飲酒運転撲滅・冬道の交通事故防止強化旬間」が11日、20日までの日程で始まった。関係者が安全安心な年末に向け、県内各地で活動を展開した。

安全宣言を行う鈴木紗彩さん=山形署
 【山形】山形署で行った出発式には約80人が出席した。山形地区安全運転管理者協議会加盟社を代表し、山交バスの鈴木紗彩(さあや)さん(24)が飲酒運転撲滅などに向けて安全宣言。パトロールに向かう車両を見送った。夕方には七日町商店街で夜光反射材を配った。

 【上山】交通安全啓発活動をおーばん上山店で行った。関係団体から約35人が参加。横断歩道の歩行者保護を呼び掛けるチラシを買い物客に配ったり、夜光反射材を靴に貼り付けたりした。

 【河北】寒河江署などから約20人が参加し、飲酒運転防止広報を実施した。4班に分かれ、町内の飲食店約60店を訪問。協力を呼び掛けながら、啓発用のチラシとミニのぼり旗を店主らに手渡した。

 【尾花沢】尾花沢、大石田2市町で飲酒運転撲滅に向けた飲食店訪問を行った。大石田町では庄司喜與太町長ら5人が、年越し準備が進むそば店など11店舗を巡回。「飲むなら乗るなの声かけて」と書かれたティッシュなどを配った。

交通安全団体の関係者らがプラカードを掲げて飲酒運転撲滅を呼び掛けた=酒田市
 【酒田】酒田署などから約20人が参加し、ヤマザワ山居町店前で啓発活動を行った。「飲酒運転しない・させない・許さない」と書かれたプラカードを掲げ、買い物客へチラシを配ってスリップ事故防止へ安全運転を呼び掛けた。

 【川西】飲酒運転撲滅を呼び掛ける飲食店訪問を町内各地で行い、米沢署などから約60人が参加した。10班に分かれて約80店を回り、「飲酒運転は犯罪です」と書かれたポスターや、啓発グッズを配って協力を求めた。

 【長井】長井地区交通安全協会などから約30人が参加し、飲酒運転撲滅に向け約150店を訪問。チラシやポスターなどを店主に配り、「利用客への呼び掛けをよろしく」と依頼した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から