県内ニュース

地元愛いっぱい!「ほなりん」誕生 東根・小田島地区のイメージキャラクター

2018年12月18日 11:45
小田島地区のイメージキャラクター「ほなりん」
 東根市小田島地区に愛らしいイメージキャラクターが誕生した。伝統芸能や米など地区の特徴を取り入れたデザインの「ほなりん」で、小田島小1年の石川亜依美(あいみ)さん(6)が考案した。地区では積極的に活用して地元の盛り上げにつなげていきたい考えで、石川さんは「(市のイメージキャラクターの)『タントくん』みたいになったらいいな」と楽しみにしている。

 生涯学習小田島地区民会議(本間努会長)が地元愛の醸成を図ろうと初めて取り組んだ。子どもたちを中心に約100点のキャラクターが寄せられ、石川さんの作品が選ばれた。

 米をイメージしたビジュアルで、手に持つ稲穂がアクセントになっている。さらに身長174(いなほ)センチで体重米1俵などと“米尽くし”の設定に、石川さんは「小田島は田んぼがいっぱいでお米がおいしいから」とにっこり。同会議がデザイン決定を受けて募った名称も、稲穂をもじった「ほなりん」に決まった。

 身にまとうのは、市指定無形民俗文化財の「小田島田植踊(たうえおどり)」で竹の楽器を使う「早乙女(さおとめ)」の衣装。同校では5、6年生が地元の伝統芸能を学んでおり、石川さんは「小田島を代表するものだから」とデザインに取り入れた理由を説明する。頭には東根名産のサクランボをあしらった。

 同会議では公民館だよりや地区の印刷物などに使用することで、地元に「ほなりん」を定着させていく狙いだ。地域の期待も高いようで、住民有志が縫いぐるみや糸のこアートを製作するなどして盛り上げに一役買っている。事務局の小田島公民館はグッズ製作も視野に入れ、「形になると愛着が湧くはず。キャラクターを通じて地域活性化を図っていきたい」と話した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から