県内ニュース

寒ダラまつり、あす皮切り 庄内各地で開催

2019年01月12日 08:47
昨年の酒田日本海寒鱈まつり。今年も13日から庄内各地で寒鱈まつりが始まる=酒田市
 冬の庄内を代表する味覚寒ダラを味わう寒鱈(だら)まつりが、13日の鶴岡市を皮切りに庄内各地で開催される。

 最初の催しは鶴岡市の道の駅「あつみ」の「しゃりん寒鱈まつり」。地元鼠ケ関港で水揚げされた寒ダラを使用するのが特徴だ。500食限定。

 鶴岡市の第31回日本海寒鱈まつりは、鶴岡のほか新潟、秋田、北茨城の観光物産展も同時開催する。

 遊佐町の「鱈ふくまつり」は寒ダラとサバフグを一緒に入れた「ここでしか味わえない美味」として提供する。

 最も歴史があるのが32回目を数える酒田日本海寒鱈まつり。奥田政行さんや太田政宏さんら「食の都庄内」親善大使の4人がそれぞれオリジナルのタラ料理(1食700円、各日250食程度ずつ)を提供する寒鱈フェスタコーナーもある。酒田・遊佐の全9蔵の地酒を1杯100円で飲み比べられる「酒の酒田の酒まつり」を同時開催し、秋田の特産品販売も行う。

 鶴岡市の庄内観光物産館は各日500食程度を用意。白子の天ぷらなども提供する。

 抽選券や買い物券が付いたお得な前売り券を販売する催しもある。当日の寒ダラ汁、鱈ふく汁は500~600円。悪天候で内容変更の可能性あり。売り切れ次第終了。

まつり日程
 名称、日程、会場、問い合わせ先は次の通り

 ▽「しゃりん寒鱈まつり」(13日午前10時、鶴岡市・道の駅あつみ・しゃりん)しゃりん0235(44)3211
 ▽「日本海寒鱈まつり」(20日午前10時半、鶴岡市・鶴岡銀座商店街)同商店街振興組合0235(22)2202
 ▽「ゆざ町鱈ふくまつり」(20日午前11時、遊佐町・マルチドームふれんどりぃ)遊佐鳥海観光協会0234(72)5666
 ▽「酒田日本海寒鱈まつり」(26、27日午前10時半、酒田市・中町モール、さかた海鮮市場ほか)酒田商工会議所0234(22)9311。酒田の酒まつりは酒田市交流観光課0234(26)5759
 ▽「寒鱈まつり」(26、27日午前10時、鶴岡市・庄内観光物産館)同物産館0235(25)5111

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から