県内ニュース

モンテ、今季の陣容固まる 継続性重視、前線に補強

2019年01月13日 11:00
初の全体練習で汗を流すモンテディオ山形の選手たち=天童市・県総合運動公園第2運動広場
 サッカーJ2・モンテディオ山形の2019年シーズンの陣容が固まった。昨季の主力の移籍はあったものの「継続性」を重視し、前線には個性あるタレントを獲得した。

 木山隆之(たかし)監督の指揮3年目に向けたチームづくりは、これまで培った土台をどの程度継承するかが焦点になった。昨季のリーグ最終戦のスタメンの中では、ともに期限付き移籍だったMF小林成豪、MF内田健太が退団した。一方でFW阪野豊史、DF栗山直樹ら多くの主力級は残った。

 チーム最多12得点だった小林、MF汰木康也が抜けた前線には、守備への貢献度も高いFW大槻周平やテクニックのあるMF井出遥也らを補強した。外国籍選手では、昨季の水戸で11得点を奪ったFWジェフェルソン・バイアーノが加入。在籍3年目となるMF南秀仁らとの融合も楽しみだ。

 守備陣は大きく変わらぬ顔触れになった。柱となった栗山、けがから復帰したDF加賀健一らに加え、DF熊本雄太といった若手への期待は大きい。昨季は序盤に変更した陣形が、どういった形となるかも注目点だ。

今季初の全体練習、監督「期待感ある」
 モンテディオ山形は12日、天童市の県総合運動公園第2運動広場で、今シーズン初の全体練習を行った。

 木山隆之監督とスタッフが前日までに除雪し、人工芝グラウンドの練習スペースを確保した。この日は天候にも恵まれ、3年ぶりに地元の屋外での始動。DF田村友とMF中村駿を除く26選手が参加し、体幹トレーニングやランニングを中心にしたメニューをこなした。

 この時期の山形での練習がなかった昨季は、キャンプ開始時に各選手のコンディションに差があり、けが人も相次いだ。今季に向けて方針を一部見直し、木山監督は「オフもしっかり過ごしてきてくれたようだ。練習の雰囲気も良く、期待感はある」と手応えを語った。

 13日は新加入選手記者会見などを含むキックオフイベントを開催し、15日から静岡県御前崎市で1次キャンプをスタートさせる。

モンテ、具と契約更新せず
 モンテディオ山形は12日、MF具本赫(20)=ク・ボンヒョク=との契約を更新しないと発表した。

 韓国出身の具は2016年シーズン途中に加入した。17年夏にテゲバジャーロ宮崎(九州リーグ)に期限付き移籍し、昨季に復帰した。山形でのリーグ戦出場はなかった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から