県内ニュース

お土産に「ほしがきさん」話題です 庄内町の地域おこし隊が開発

2019年02月07日 11:28
やまがた土産菓子コンテストで最高賞に輝いた「庄内町のほしがきさん」の販売が週末限定で始まった=庄内町新産業創造館クラッセ
 県産農産物を使った商品を集めた「やまがた土産菓子コンテスト」で、わがまちの土産菓子部門最優秀賞に輝いた「庄内町のほしがきさん」が、町新産業創造館クラッセの産直施設に週末限定で並び、話題を呼んでいる。

 「ほしがきさん」は、ラム酒に漬けた庄内地方産の干し柿とホワイトチョコ、バターを合わせたクリームを、香ばしく焼いた全粒粉クッキーでサンドした。同町立谷沢地域の地域おこし協力隊が、地元の柿で作った干し柿をバターサンドにして振る舞い好評だったことが、商品開発のきっかけになったという。

 同地域の6次産業化拠点施設・立谷沢川流域活性化センター(タチラボ)で活動している、協力隊の伊計麻衣子さん(31)と西尾真生さん(22)が商品化を担当。住民の意見を取り入れ「濃厚なクリームに負けないよう、干し柿の風味を際立たせた」。伊計さんが手掛けた柿の実をイメージしたパッケージも、同コンテストで特別賞を受けた。

店頭での販売を開始した「庄内町のほしがきさん」
 販売する町新産業創造協議会は、町を代表する土産菓子を開発しようと2017年度からプロジェクト会議を行ってきた。産直施設では、小豆ともち米を砂糖で炊いた郷土料理から着想を得て、会議内で考案された「いとこ煮ゆべし」も販売中。共に伊計さんと西尾さんが製造するが、今後は公募によって町民に委託し販売拡大を目指す。

 商品は毎週金曜夕に店頭に並ぶ。「ほしがきさん」は10個入り1500円、3個入り450円。「いとこ煮ゆべし」は12個入り1300円、3個入り320円(いずれも税別)。予約・問い合わせはクラッセ内の「なんでもバザールあっでば」0234(42)1777。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から