県内ニュース

県選抜、歓喜の8位入賞 冬季国体スキー・女子20キロリレー

2019年02月17日 13:02
〈距離女子20キロリレー〉県選抜の2走高橋佳奈子(新庄南高金山、右)が順位を二つ上げ、4位で3走五十嵐萌(日大・新庄北高出)につなぐ=札幌市・白旗山競技場
 第74回国民体育大会冬季大会のスキー競技会は第3日の16日、札幌市の白旗山競技場などで各種目が行われた。県勢は距離女子20キロリレーで県選抜(大場友咲、高橋佳奈子、五十嵐萌、須賀愛依)が1時間2分1秒0で、3大会ぶりの入賞となる8位に入った。

 他の種目では、アルペン大回転は少年女子の遠藤美咲(鶴岡高専)の11位、複合では少年男子の高橋剛流(米沢工高)の24位がそれぞれ最高だった。

 最終日の17日は札幌市内でアルペン大回転の少年男子、距離リレーの成年男子、少年男子が行われる。

個人の悔しさを胸に一丸
 悔し涙が歓喜の涙に変わった。個人種目で入賞を逃した距離女子の県選抜が、20キロリレーで8位入賞。最年長の五十嵐萌(日大・新庄北高出)は「仲間の存在が心強かった」とチームでつかみ取った入賞の味をかみしめた。

 国体初出場の中学3年大場友咲(福原中)が、いきなり会場の度肝を抜いた。各チームのエース級がそろう1走で、序盤から先頭集団に食らい付き6位でつないだ。「ここまでいけるなんて」と自身も驚く快走で流れを引き寄せた。

 2走高橋佳奈子(新庄南高金山)も続いた。長く緩い上り坂に苦しむ選手が多い中、ストライドを大きく取って4位に浮上。その後、順位を落としたが「最低限の目標」と語る入賞圏は維持した。

 突き動かしたのは「結果を求める気持ち」と、高橋は3人の思いを代弁する。前日の個人戦は成年A、少年ともに入賞ゼロ。前回大会のリレーは9位にとどまったが、今回は入賞圏に食い込んだ。昨年に続きアンカーを務めた須賀愛依(新庄北高)は「本当に良かった」。その言葉に相づちを打つ3人の表情は、とびきりの笑顔だった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から