県内ニュース

みそ造りで和田小(高畠)を取材 オオタ監督、撮影進む映画「いただきます2」

2019年02月20日 10:47
みそ造りに励む子どもたちに密着取材するオオタヴィン監督(左)。児童は「手がツルツルになった」と驚きを伝えた=高畠町和田小
 和食の大切さを訴え、全国で自主上映が広がっているドキュメンタリー映画「いただきます みそをつくるこどもたち」の監督を務めたオオタヴィンさん(59)=横浜市=が、次回作の舞台の一つに高畠町を選び、撮影を進めている。年末に完成予定で、オオタさんは「山形は全国の中でも食農教育が進んでいる。映画を通じて、伝統を守り続けてほしい」と話す。

 映画「いただきます」は、和食給食で注目を集める高取保育園(福岡市)に密着した作品。「医食同源」に基づく献立で、園児のアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患を改善し、全国から視察が訪れる。映画は公開から約2年半の間に全国47都道府県で自主上映され、約2万5千人を動員してきた。

 次回作「いただきます2 ここは、発酵の楽園」は、有機農業に励む農家や子どもたちが主役。そこで、年間40時間を農業実習に費やす高畠町和田小(峯浩明校長、164人)に注目した。昨年6月の田植えから撮影を始め、18日にはみそ造りも取材。3年生35人が自分で育てた大豆とコメを使い、20キロ仕込む行程を丹念にカメラに収めた。

 県によると、有機JAS(日本農林規格)認証に基づく昨年の有機水田面積割合は同町が2.9%で本県トップ。全国平均0.1%、本県平均0.3%を大幅に上回る。オオタさんは「世界的に有機農法が広まる中、高畠は世界の先端を行っている」と評価。映画には上和田有機米生産組合の初代組合長菊地良一さん(81)も登場する。映画は寄付金で制作しており、支援者を募っている。問い合わせは事務局i@itadakimasu2.jp

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から