県内ニュース

戸沢村長選、2候補者の第一声 渡部秀勝氏、早坂信一氏

2019年02月20日 12:41
 19日に告示された任期満了に伴う戸沢村長選の候補者2人は支援者らを前に第一声を放った。以下は要旨。(届け出順、本紙取材班)

第一声を上げる渡部秀勝氏
災害復興を最優先に―渡部秀勝氏(65)
 真っ先に取り組む必要があるのは豪雨災害からの復興だ。蔵岡地区の治水対策などを国や県と協力し、責任を持って進めていく。教育環境充実のため、保育所、小中学校を統廃合し、1カ所に新築移転したが、保小中連携に向けたソフト面の施策も整えたい。

 農業振興では、間もなく基盤整備事業が完了する。温泉施設「ぽんぽ館」周辺で進む養豚場建設やJAのバナナ栽培を利活用し、雇用の確保、観光振興につなげたい。若者の流出対策として定住促進住宅の追加整備も検討する。

 (県議を含め)人生9回目の選挙を迎えた。多くの方の支援でここまでやってくることができた。選挙戦を勝ち抜き、村の課題をしっかり解決したい。

第一声を上げる早坂信一氏
住みやすさ元気創出―早坂信一氏(58)
 出馬表明から約2カ月、村民からいろいろな話を聴き、激励を受けた。「昨年のあの悪夢のような豪雨からの復興を頼む」と言われた。いろいろな世代との約束、住民の怒りを忘れない。この村の安心安全を総点検し、住みやすい元気のある村に変えていく。

 村長報酬を50%削減する。まずは自分の身を切り、福祉、子育ての財源に充てていく。これから村は本気のトップセールスが必要な時期だ。村を全国に売り出していく。どんなことにもいち早く挑戦でき、子どもが思いきり遊べる村づくりを進めていく。

 どんな時も住民側にいる村長になりたい。平成から新しい時代に変わる。戸沢を新しい元気な村に変えていこう。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から