県内ニュース

山形市長、買い支え呼び掛け 大沼の再建難航受け、政財界トップが会見

2019年02月21日 09:36
3者合同で緊急記者会見する(左から)清野伸昭会頭、佐藤孝弘市長、富岡善一郎専務理事=山形市・山形グランドホテル
 百貨店・大沼(山形市、早瀬恵三社長)の経営再建が難航していることを受け、山形市と山形商工会議所、七日町商店街振興組合は20日、同市の山形グランドホテルで緊急の共同記者会見を開いた。中心市街地活性化への影響や老舗の存在意義などを踏まえ、佐藤孝弘市長は「山形から百貨店の灯を消すなという思いで各機関と連携し、市民にも呼び掛けていきたい」と地域での買い支えによる応援を訴えた。

 佐藤市長と清野伸昭会頭、富岡善一郎専務理事が臨んだ。佐藤市長は、大沼と親会社の投資ファンド・マイルストーンターンアラウンドマネジメント(MTM、東京、早瀬社長)について「会社法で想定していない資本関係」と指摘。「経営陣、社員、商品取引先などのネットワークが一つになって事業経営を進めていくのが通常の会社の在り方だが、デパートが二つに分かれ、同じ方向を向けていない」と憂いた。

 その上で「市民に愛される組織を何としても守っていかねばならない。買い支えで資金繰りに貢献し、資本関係が正常化するのを見守るしか今はできない」とし、「不安でも頑張っている従業員を応援してほしい」と呼び掛けた。

 今後については、「債権者(金融機関)がどういう方向性を出すかを待つことになる。それが早いほど(スポンサー探しなど)連動した動きができる」と支援に触れ、MTMへの資金の還流については、「債権者にモニタリングしていただきたい」とした。

大沼の新取締役にMTM出身・高橋氏
 大沼は20日、取締役にMTM出身の高橋聖紀顧問を新任する人事を発表した。経営と執行の連携を強化し、よりスムーズな意思決定、業務執行が可能な体制にするとしている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から