県内ニュース

ワイヴァンズ、連敗止めた 熊本に95-90

2019年03月11日 09:33
〈山形-熊本〉第1クオーター、苦しい体勢からもシュートを決める山形のウィル・クリークモア(中央)=天童市・県総合運動公園アリーナ
 バスケットボール男子のBリーグ2部は第25節最終日の10日、各地で8試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで熊本(西地区)と対戦し、95―90で勝利した。連敗を4で止め、通算成績は18勝29敗。順位は5位のまま。

 山形は中島良史、高松勇介、古橋広樹、チュクゥディエベレ・マドゥアバム、ウィル・クリークモアが先発。互いに第1クオーター(Q)から速いテンポの攻撃で得点を重ねた。山形は精度の高い外角シュートが決まり、前半を49―47で折り返した。後半は第3Qで安定した守備からリズムに乗ってリードを広げ、逃げ切った。

 クリークモアが31得点12リバウンド、中島が17得点10アシスト、マドゥアバムが12得点10リバウンド。1706人が観戦した。

 次節は16、17の両日、同会場で仙台と戦う。

 【評】山形が競り合いを制した。序盤から点の取り合いとなる中、3点シュートが効果的に決まった。最終盤にミスが目立ってばたついたものの、高さのある相手に対しリバウンドで互角に渡り合うなど、高い守備意識で後半の主導権を握ったことが大きかった。

強豪相手に攻めて競り勝つ
 攻守両面にわたり積極的なプレーで要所を締めた。西地区で首位を争う熊本から僅差で白星をつかみ、小野寺龍太郎ヘッドコーチは「思い描いたロースコアの試合には持ち込めなかったが、それぞれが役割を果たしアグレッシブに動いてくれた」と選手の奮闘をたたえた。

 試合の出だしの悪さなどから連敗が続いていた山形だが、この日は違った。序盤から精度の高いシュートや、果敢な攻めで得たフリースローなどで着々と加点。2点リードで迎えた第3クオーター(Q)では、インサイドの守備が有効に機能して強力な得点源である相手外国人選手を封じ、同Qを10点に抑え主導権を握った。終盤に激しい追撃を受けたものの、要所で得点し逃げ切った。

 互いに譲らない展開の中、特に精彩を放ったのが、先月チームに復帰したウィル・クリークモア。31得点12リバウンドと、高確率のシュートとゴール下での果敢なプレーがチームに勝利を呼び込んだ。「気持ち良く打とうと心掛けた。この日の出場選手全員が6点以上得点しており、チーム自体が成長している証しも見えた」と手応えを語る。

 4連敗の悪い流れを、強豪からの勝利で断ち切った意味は大きい。主将の佐藤正成(山形南高出)は「この勢いを保ち、次戦でも粘り強く戦う。今季のホーム戦も残りわずかだが、応援してくれるファンにしっかりしたプレーを見せたい」。表情からは心地よい疲れとともに、よみがえった自信がにじんでいた。

修正点に攻守で対応
 小野寺龍太郎ヘッドコーチの話 前日の試合で出た修正点を全員で理解し、攻守両面で対応できた。ただ、本来はなるべくロースコアに持ち込む戦略。改善すべきポイントはあるが、全選手がエネルギーのこもったプレーを展開し勝利をつかんでくれた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から