県内ニュース

【モンテ】うねる青、歓喜一色 ホーム開幕戦勝利、J1昇格へ高まる期待

2019年03月18日 10:37
山形の選手に大声援を送るサポーター=天童市・NDソフトスタジアム山形
 1万人を超える青色のサポーターが歓喜し、スタンドは寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた。サッカーJ2・モンテディオ山形は17日、天童市のNDソフトスタジアム山形でのホーム開幕戦で大宮を下した。今季3連勝と勢いに乗っており、市民からはJ1昇格への期待が膨らんだ。周辺では多彩なイベントも繰り広げられ、チームを後押しした。

 4年ぶりの勝利となったホーム開幕戦で、1万122人の市民が試合終了の笛と同時に総立ちとなって喜んだ。天童一中の外国語指導助手(ALT)タップリン・ケルシーさん(23)は昨夏にニュージーランドから来日して初観戦。懸命に応援するサポーターの姿が印象的といい、「寒いけど楽しかった」とにっこり。米沢市万世小3年、佐藤玲那さん(9)は「点が決まった瞬間、皆が一体になる感じがしてうれしかった」と話した。

 決勝点となったFWジェフェルソン・バイアーノ選手のPKが、最高潮に盛り上がった瞬間だった。ゴール裏でフラッグを振った東根市長瀞小1年、阿部悠吾君(7)は「得点パフォーマンスを目の前で見られた」と興奮気味。自らもサッカーを始めたばかりでボール持参で観戦した。山形市あずま町、会社役員舩越力さん(75)も「体が強くてびっくり」と舌を巻いた。交代時にはスタンドから大きな拍手が送られた。

 今季3連勝と幸先の良いスタートに、早くもJ1昇格を期待する声も。同市十日町1丁目、団体職員高桑登さん(46)は「GK櫛引政敏選手をはじめ、守備陣が頼もしかった。今季こそ昇格を」と力を込めた。仲間と共に、MF中村駿選手のJ2での100試合出場をお手製のプレートで祝福した。

山形新聞社ブースで各キャラクターと記念写真を撮るサポーター
応援企画も熱く
 スタジアム周辺はキックオフ前から、配布された青色のフリースポンチョを着た家族連れでにぎわった。各所に設置された監督と選手計30人の等身大パネルを回り、スタンプを集める企画は、4月までのホーム戦で展開される。

 山形新聞社は次節琉球戦と2戦合わせ「開幕シリーズ」と題し、紙面やブース展示で盛り上げる。オリジナル特製ビニールバッグ1万個を来場者に配布したほか、過去の記事をパネル展示。J1昇格や天皇杯準優勝などの歴史を懐かしそうに振り返るサポーターの姿が見られた。キャラクター・ぶんちゃんとヨモーニャも登場した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から