県内ニュース

山辺・旧杉下村の歴史、一冊に 山辺出身の須崎さん、古文書再調査

2019年03月19日 17:23
山辺町にあった旧杉下村の歴史をひもといた資料集
 山辺町杉下出身で南陽市史編さん室の須崎寛二さん(87)=同市三間通=が古里の古文書を再調査した「羽州村山郡山辺郷 杉下村資料集」を自費出版した。江戸時代の杉下村の古文書を中心に収録し、地域の歴史をさまざまな分野からひもといている。

 須崎さんは元小学校教員で、大学時代に日本史を専攻。当時から地元の古文書に興味を持ち、旧家を訪れて史料を集めては原文を読み解き、書き写して記録として残してきた。退職後に地元の古文書の多くが失われつつあることを知り、これまで集めてきた史料を後世に残していこうと、本にまとめることにした。

 資料集は村政、年貢・諸税、土地、交通、訴願などに分類し、4分冊に分けて収録。もともとは杉下集落の集会場にあったが建物の解体後に行方が分からなくなり、山辺ふるさと資料館で見つかったという江戸時代の年貢割付(年貢の割り当て)や皆済目録(受領証)などの貴重な史料のほか、杉下村の年中行事や、地元の戦中・戦後の暮らしぶり、1945(昭和20)年ごろの住宅位置を記した絵図なども掲載している。

 須崎さんは「各集落に古文書が残っていると思うが、失われているものも多くあるので残していきたい」と話す。村山地方の図書館などに配布しており、希望者には無料で配るという。問い合わせは須崎さん0238(43)5299。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から