県内ニュース

SNSでいじめ相談、通報25件 県教委が試行、疑い含め4件

2019年03月23日 09:29
PR
 県教育委員会は22日、県立4高校で昨年11月~今年1月に会員制交流サイト(SNS)を活用して実施した、いじめに関する相談事業の試行結果を発表した。通報件数は25件で、このうちいじめ(疑いを含む)については4件だった。新年度は全県立高校に事業を拡大することにしている。

 村山、置賜、最上、庄内の各1校をモデル校として行った。匿名で通報できる専用アプリを使い、生徒自身や友達、第三者の立場を含め、いじめの内容や場所などの情報を生徒に送信してもらった。事前のテスト送信結果によると、4校の生徒約1800人のうち8割以上がアプリを利用できる環境にあったという。

 通報内容の内訳は、いじめもしくはいじめ疑いが4件(うち1件が通報後にいじめと認知)、学校生活の悩みが17件、その他の相談が4件だった。県教委は「通報件数は25件にとどまったものの、生徒の相談のチャンネルが増加し、貴重な生の声を聞くことができた」と評価。課題は「生徒への継続的な周知の工夫など通報しやすい環境づくり」を挙げた。今後の懸念は、匿名による通報のしやすさによる批判や非難、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)のはけ口化などとした。

 新年度は全県立高校で7~9月に実施する。県高校教育課では「いじめの認知は、あくまで普段の学校生活の中での教師と生徒の信頼関係がベースになる」と強調した上で、「相談窓口を増やすことで、いじめの早期発見、撲滅につなげたい」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から