県内ニュース

高須賀さん(慶応大先端研)が大臣表彰 鶴岡「クモヒメバチ類」研究評価

2019年04月12日 13:18
PR
 鶴岡市の慶応大先端生命科学研究所は、高須賀圭三訪問研究員(35)=農学=が2019年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰で若手科学者賞に選ばれたと11日発表した。クモに寄生する「クモヒメバチ類」の生態に関する研究が高く評価された。

 クモヒメバチはクモの背に産卵し体外に寄生する。幼虫はクモを生かしながら体液を奪い、さなぎになる際に吸い尽くし、クモの網の上で繭を紡ぐ。網を維持するため、さなぎになる前に何らかの物質をクモに注入し、脳神経を操作して網を作り替えさせるという。

 研究ではクモが脱皮用に作る特別な網と、ハチに操られて作る網の形状が酷似していることを発見。少ない本数で中心を支え、紫外線を反射する綿状の飾りがあるのが特徴で、鳥や昆虫は紫外線を見ることができ、衝突されないようにするための仕掛けと考えられるという。ハチに操作されて作る糸は通常より強度が高いことも突き止めた。

 クモが操られる状況を示した研究成果は欧米などで「ゾンビスパイダー」と呼ばれ注目を集めたという。高須賀さんは「体内でどんな変化が起きているのか、どんな物質が作用しているのかメカニズムを解明したい」と抱負を語った。

 若手科学者賞は40歳未満の研究者が対象で、応募者約300人の中から99人が受賞した。慶応大先端研では13年度に続いて2人目の受賞。17日に文科省で表彰式が行われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から