県内ニュース

【駅伝】闘志胸に、走り抜く 3チーム結団式

2019年04月14日 11:20
 第64回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)に出場する鶴岡・田川、寒河江・西村山、天童・東村山の各チームの結団式が13日、それぞれの地元で行われ、選手や関係者が健闘を誓い合った。

選手や監督らが健闘を誓った鶴岡・田川チーム=鶴岡市小真木原総合体育館
【鶴岡・田川】
 鶴岡市小真木原総合体育館で行われ、選手たちが本番に向けて決意を新たにした。

 関係者約40人が出席。渡部正芳鶴岡市体育協会長が「応援をエネルギーにして自身が満足できる走りを見せてほしい」とあいさつした。奥泉伸監督は「若手や新加入の選手たちがチームを引っ張ってくれることを期待している。着実に成果を上げたい」と意気込みを語った。選手宣誓で、松浦太郎(酒田南高)が「支えてくれた方々への感謝を胸に、精いっぱい走り抜く」と力を込めた。

「団結して頑張ろう」と気勢を上げた寒河江・西村山チーム=寒河江市民体育館
【寒河江・西村山】
 寒河江市民体育館で行われ、選手たちが力走を誓った。

 約70人が集まった。佐藤洋樹寒河江市長が「5位以内を目指して頑張って。力の限り応援したい」と激励。軽部賢総監督が「沿道の声援が力になる。本番では選手の名前を呼んでほしい」と呼び掛けた。志田学監督は「地元をトップ通過し、勇気と感動を与えたい」と抱負を語り、主将の草苅伴和(山形ミートランド)が「地域代表を誇りに思い、感謝の気持ちを込めてたすきをつなぐ」と宣誓した。

結団式で健闘を誓う天童・東村山チーム=天童市スポーツセンター
【天童・東村山】
 選手や関係者約90人が出席し、天童市スポーツセンターで行われた。

 山本信治天童市長が「己を信じてベストの状態で臨んで」とあいさつし、赤塚幸一郎同市議会議長、野川勝弘後援会長は「絶対負けないという強い思いで走って」などと激励。OB会などから励ましの金品がチームに贈られた。相沢一彦総監督は「大きな声援で選手を後押しして」と呼び掛け、選手を代表し田島駿介(山形南高)は「自分の持てる力を発揮し戦い抜く」と誓った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から