県内ニュース

大沼米沢店、閉店セール始まる 盛況も惜しむ声続々

2019年04月18日 08:40
閉店セールが始まり、大沼米沢店は多くの買い物客でにぎわった=米沢市
 今年8月に閉店する米沢市の大沼米沢店で17日、閉店セールが始まった。衣料品を中心に幅広い品が格安販売され、買い物客でにぎわう一方、来店客から閉店を惜しむ声が上がった。

 店内各所に「49年間のご愛顧ありがとうございました」「ご愛顧感謝 閉店セール開催中」と書かれたポスターが下がり、寂しさを際立たせた。午前10時の開店と同時に客約50人が一斉に店内に入り、足早にお目当ての売り場に急いだ。

 3~7割引きの商品が目立つ服飾雑貨、婦人服、紳士服の各売り場は多くの人が訪れ、6割引き均一の子供服も人気を集めた。普段は閉鎖している4階にも特設会場を増設。衣料品や靴、かばんなどを手にした人でレジに行列のできる時間帯もあった。

 高畠町の女性(35)は「長女の新生児服や布団は大沼で買いそろえた。その店がなくなるのは寂しい」と話し、一緒に来た母親(69)も「良い品がそろい、重宝していた。閉店後はどこで買えばいいのか」。南陽市の女性(67)も「閉店はがっかり」と語った。

 通常の平日より多くの買い物客が訪れ、顔なじみの店員と話し込む人の姿も。ある女性従業員は「寂しさとお客さまへの申し訳なさの両方の思いがある」と複雑な表情を浮かべた。西名浩子店長は「閉店の実感はまだない。49年間の感謝を込め、お客さまに良い品を提供したい」と話した。

 米沢店は8月15日まで無休で営業し、閉店セールを第9弾まで続ける。最終売り尽くしセールは7月31日から始める予定という。

 百貨店・大沼(山形市、永瀬孝社長)は親会社が東京の投資ファンドから地元の大沼投資組合に代わり、経営を巡る混乱が収束。米沢店は1970(昭和45)年に開店したが、売り上げ低迷と赤字が続き、再建策の一環で今月4日、8月15日での閉店を発表した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から