県内ニュース

米沢市議選の終盤情勢 勇退票奪い合う構図

2019年04月18日 10:11
PR
 定数24に対し、現職21、元職1、新人6の計28人が出馬。後継を明示せずに県議、市長選に転じた前回上位当選者の票を奪い合う構図で、安定した戦いを展開する現職勢に対し、一部の新人が上位から中位で議席を獲得する勢いを見せている。県議選が無投票に終わり選挙ムードが盛り上がりに欠ける中、投票率も当落や順位を左右しそうだ。当選ラインは前回(1026票)を下回り千票を割る可能性がある。

 前回2位の公明山田は組織票に加えて地元松川にも浸透している。上郷唯一の候補となった議長の島軒は地区内を中心に支持を固めており、2人がトップ争いの中心になりそう。北部の中村は若さに2期8年の実績が加わって周辺にも支持を広げ、勢いがある。

 前回上位で返り咲きを果たした鳥海は、地元西部を中心に安定感を見せる。六郷の新人古山は地元を固め、2回連続トップの相田光照が県議に転じて空白地となった塩井や周辺に攻め入る。共産の高橋寿は、支持基盤に万世の地元票を積み上げる。最年少の窪田の成沢は地元をまとめ、若者層の支持も得る。国民の小島も西部から着実に地盤を固める。

 中位以降は激しい競り合い。10期目を目指すベテラン山村は米沢駅前の商店街で支持を広げる。元職の遠藤正は知名度を生かして南原から全域に攻勢をかける。相田は中心商店街や若者層に浸透。北部の小久保は労組票と地元票の積み増しを図る。公明の佐藤は西部を地盤に広域に支持を集める。愛宕の斎藤は地区内からの新人出馬を警戒するも、主婦目線を強調して女性層の支持を広げている。

 田沢の我妻は地元と労組票を固める。中部の太田は出身の市職労票に加え、地元票取り込みを狙う。広幡の島貫は周辺地区の新人の侵食を警戒しながら、支持層固めを急ぐ。工藤は松川をまとめて周辺地区の新人の食い込みに備える。愛宕の新人影沢は地元に支持を広げつつ、労組票などを広域的に集める。共産の高橋英は北部を中心に広範囲から票を確保する。

 前回薄氷の勝利で2選を果たした堤は地元窪田で浸透。中部の新人遠藤隆は、市長選に挑戦する海老名悟の地元票取り込みを狙う。副議長の木村は県議木村忠三の秘書時代の人脈も生かし、東部で支持拡大を図る。三沢の鈴木は縁故のある空白地の南部に事務所を構え票の掘り起こしを狙う。前回40票差で涙を飲んだ三沢の新人関谷は草の根戦術で当選圏入りを目指す。皆川は地元南原の元職出馬に危機感を強め、地元を中心に支持を訴える。

 新人縮は支持基盤以外への支援の広がりを欠く。山上の新人井上は地元以外での知名度アップに苦戦している。

(敬称略、有権者数6万8391人)

立候補者(定数24―28)
佐藤 弘司 63 市  議 公現 (3)
山田富佐子 62 市  議 公現 (2)
鈴木 藤英 48 自営業  無現 (1)
成沢 和音 31 会社役員 無現 (1)
遠藤 正人 55 行政書士 無元 (1)
島貫 宏幸 52 市  議 無現 (1)
小島  一 41 会社役員 国現 (1)
皆川真紀子 49 自営業  無現 (1)
島軒 純一 59 農  業 無現 (3)
高橋  寿 63 政党役員 共現 (7)
斎藤千恵子 65 会社役員 無現 (2)
工藤 正雄 69 会社役員 無現 (3)
堤  郁雄 55 会社役員 無現 (2)
相田 克平 52 自営業  無現 (3)
我妻 徳雄 58 会社員  無現 (4)
高橋 英夫 63 政党役員 共現 (1)
木村 芳浩 49 市  議 無現 (2)
縮 美紀子 56 無  職 諸新 
関谷 幸子 68 自営業  無新 
太田 克典 59 市  議 無現 (1)
小久保広信 59 団体役員 無現 (3)
遠藤 隆一 51 会社役員 無新 
中村 圭介 41 市  議 無現 (2)
影沢 政夫 61 会社員  無新 
井上由紀雄 61 無  職 無新 
鳥海 隆太 52 会社役員 無現 (2)
山村  明 70 不動産賃貸業 無現 (9)
古山 悠生 38 農  業 無新 
【名簿の見方】
届け出順。氏名、年齢(投票日基準)、職業、党派、現元新別、カッコ数字は当選回数

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から