県内ニュース

乗客、衝撃と戸惑い 山形空港脱輪、「まさか」声震わせ

2019年04月24日 09:41
脱輪したFDA機から降り、搭乗口で職員から説明を受ける乗客=23日午後6時20分、東根市・山形空港
 ビジネスや観光のため航空機に乗り込んだ60人の乗客は23日、滑走路の脱輪という予想外の事態にさいなまれた。離陸のため加速した後、体に襲ってきた衝撃―。けが人がいなかったことに安堵(あんど)感をにじませながらも、事故につながりかねないトラブルに戸惑いや恐怖を隠さなかった。

 乗客の話を総合すると、機体は滑走路北側から発進したが、離陸する前に減速し、進行方向左側にそれて停止した。機内は揺れ、足元に置いた荷物が大きく動いたという。直後に、「ハンドルに違和感があって止まった」「操舵(そうだ)の機能が効かなくなった」という趣旨のアナウンスが機内に流れた。客室乗務員の対応もあり、機内に大きな混乱はなかったという。

 急な予定変更を迫られた乗客からは、困惑の声が聞かれた。商談のため日帰りで本県を訪れていた名古屋市の会社経営、加藤正義さん(39)は「定刻通りに発進したが、機内が急にガタガタと揺れた。今日は山形で1泊し、明日名古屋に帰りたい」と話した。愛知県知立市の会社員男性(25)は「みんな驚いていた。明日の仕事に響くので困っている」と表情を曇らせた。

 ロビーには払い戻しや振り替え、問い合わせをする人の列ができた。桜を見に来ていた名古屋市の男性(73)は「まさかこんなことになるなんて。もし機首から地面にぶつかっていたら大事故になっていた」と声を震わせた。東北巡りのツアー帰りだった名古屋市守山区、無職内山隆さん(67)は「芝生の上を滑ったように感じた。無事でよかった」と胸をなで下ろした。

FDA機を降りる乗客ら。手前は滑走路=23日午後5時52分(乗客提供)
 関係機関は情報収集などの対応に追われた。山形空港で報道陣の取材に応じた県山形空港事務所の布宮亨所長は「再発防止の対応を検討するとともに、利用者のために空港の早期再開を目指したい」と語った。

 同事務所によると、記録がある範囲で同空港の滑走路が閉鎖したケースは過去に4例あるが、定期便が関わった事例は初という。

【事故などに伴う県内空港における滑走路閉鎖の事例】
2002年5月6日 山形空港で、小型飛行機が滑走路に胴体着陸。けが人はなし
2004年6月2日 山形空港で、民間のヘリコプターが墜落。男性の搭乗者2人のうち1人が死亡し、パイロットも頭などに大けが
2012年12月8日 庄内空港で、羽田発の定期便が滑走路を約80メートルオーバーラン。けが人はいなかったが、国土交通省が「重大インシデント」と認定
2014年6月23日 庄内空港で、航空大学校仙台分校の訓練用小型機のタイヤが着陸直後にパンク。約3時間にわたり滑走路が閉鎖
2017年3月11日 山形空港で、小型機のタイヤが着陸直後にパンク。滑走路が約1時間閉鎖
2017年3月20日 山形空港で、滑走路脇の草地から出火。安全確認のため滑走路を一時閉鎖
2019年4月23日 山形空港で、名古屋行き定期便が離陸に失敗。乗客乗員64人にけがなし

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から